2018年5月16日をもってCESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)の会長職を退任する、セガホールディングス社長の岡村秀樹氏。任期中の3年間にはJASGA(一般社団法人ソーシャルゲーム協会)との合併を皮切りに、「ガチャ問題」と資金決済法への対応、JeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)設立と大きな仕事が相次いだ。そうした出来事をCESA会長として振り返っていただいたインタビューの前編に続き、後編ではJeSU会長として日本のeスポーツの現状と今後の展開についてうかがった。 (聞き手/稲垣宗彦、写真/稲垣純也)

※インタビュー前編はこちら→「合併、ガチャ、eスポーツ…CESA会長難題克服の軌跡

●岡村秀樹(おかむら・ひでき):1955年2月生まれ。1987年にセガ・エンタープライゼス(現セガ)に入社後、97年に取締役コンシューマ事業本部副本部長兼サターン事業部長、2002年にデジキューブ代表取締役副社長、03年にセガ専務執行役員コンシューマ事業本部長に就任。04年にセガ常務取締役コンシューマ事業本部長、08年にトムス・エンタテインメント代表取締役社長を経て、14年にセガ代表取締役社長COO、15年にセガホールディングス代表取締役社長COO、セガゲームス代表取締役会長(現取締役)となる。同年、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会会長就任(18年5月16日に同会長職退任)。18年に一般社団法人日本eスポーツ連合会長就任
[画像のクリックで拡大表示]