2018年5月16日、CESA(一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会)の岡村秀樹会長(セガホールディングス社長)が3年の任期を終える。15年5月の会長就任直前にJASGA(一般社団法人ソーシャルゲーム協会)との合併があり、就任後ほどなくしてスマートフォンゲームの「ガチャ」を巡る確率表示が社会問題化。さらに今年は関係する各団体とともにJeSU(一般社団法人日本eスポーツ連合)を設立し、自ら会長職に就いた。まさに岡村氏がCESA会長を務めたこの3年間は、波乱も含め稀に見る激動の時期だったに違いない。そこで今回、岡村氏に「CESA会長」、そして「JeSU会長」という二つの立場から任期中の出来事や今後の展開などについて語っていただいた。それぞれのインタビューを「CESA編」と「JeSU編」の2回にわたってお届けする。
(聞き手/稲垣宗彦、写真/稲垣純也)

●岡村秀樹(おかむら・ひでき):1955年2月生まれ。1987年にセガ・エンタープライゼス(現セガ)に入社後、97年に取締役コンシューマ事業本部副本部長兼サターン事業部長、2002年にデジキューブ代表取締役副社長、03年にセガ 専務執行役員コンシューマ事業本部長に就任。04年にセガ常務取締役コンシューマ事業本部長、08年にトムス・エンタテインメント代表取締役社長を経て、14年にセガ代表取締役社長COO、15年にセガホールディングス代表取締役社長COO、セガゲームス代表取締役会長(現取締役)となる。同年、一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会会長就任
[画像のクリックで拡大表示]