オリジナルタイトルの『ブレイブ フロンティア』『ファントム オブ キル』、スクウェア・エニックスと組んだ『FINAL FANTASY BRAVE EXVIUS』など、スマートフォン向けのモバイルゲームを中心に年間約260億円(2017年4月期)を売り上げる中堅ゲーム会社のgumi。ここ数年はVRへの積極投資を行っていることで注目されている。日本、韓国、北欧でインキュベーション(起業や新事業の創出支援・育成)を行い、自らVRマーケットの底上げを図る。

 2014年12月に東証1部上場し、そのわずか数カ月後に、年間営業利益が赤字見通しであることを発表、株価が急落した「gumiショック」が大きな話題になったが、2017年4月期の営業利益は16.5億円と復調している。今期(2018年4月期)から来期(2019年4月期)に向けて、國光宏尚社長はどのような戦略で舵取りをしていくのか。
(聞き手/吉岡広統、写真/辺見真也)

●國光宏尚(くにみつ・ひろなお): 1974年生まれ。米国Santa Monica College卒業後、2004年5月アットムービー入社。同年に取締役に就任し、映画・テレビドラマのプロデュースおよび新規事業の立ち上げを担当。2007年6月、gumiを設立。代表取締役社長に就任
[画像のクリックで拡大表示]