『パズドラ』『LET IT DIE』で海外に手応え

――2017年はどのような年だったと感じていますか?

『パズル&ドラゴンズ』(C) GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
[画像のクリックで拡大表示]

森下一喜氏(以下、森下): 一番大きかったのは、海外市場でプレーヤーに受け入れてもらえるためのゲームの中身、考え方、展開について、成長できる要素がたくさんあったことだと思います。『パズドラ』は米国でサービスを提供してから5年以上たっていますが、派手なことはしてないにもかかわらず、日本の次に多い1200万程度のプレーヤーを抱えていますし、サービスが途絶えることなく継続できています。

 そしてもう1つが『LET IT DIE』ですね。先日(2018年2月9日)、全世界累計400万ダウンロードを突破しましたが、数が多いのは米国、欧州、アジア、日本の順です。北米や欧州をターゲットに作ったタイトルだけに、大きな手応えがあったと考えています。売り上げはそこまで大きくはないですが、『LET IT DIE』ではこの1年のうちに色々なことを経験させてもらっています。

――海外市場で前進できた要因はどこにあったと感じていますか。

森下: 『パズドラ』米国版に関しては、日本とほぼ同じサービスを提供しています。日本で同じ売り上げを出すのが相当大変なくらい、収益面は決して悪い数字ではない。それが実績として積み上がっているという形ですね。

 一方『LET IT DIE』は、ゼロからの挑戦でしたが、実際に始めてみると僕らが想定していた考え方とは全く違っていることが多かった。それゆえどうやったらプレーヤーに受け入れてもらえるか、アップデートを繰り返し、結果に一喜一憂しながら、経験を積んでいったという状況です。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
『LET IT DIE』(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.