演奏活動でメシを食っていたこともある、音楽とITにはちょっとうるさいライターの湯浅英夫氏が、自分がハマった物について、そのハマった穴を解説していく。

 いいイヤホンが欲しいと思ったとき、いくらまでお金を出せるのか? 人によって違うと思うが、筆者の場合は自分の経済状態と音の好みの両面から導き出した価格帯は1万~1万5000円だ。2万円を超えるとかなり思い切りが必要になり、3万~4万円クラスになると店頭で“買おう! いや、やっぱりやめた……”を繰り返して挙動不審になってしまう。このあたりが自分の限界なのだろう。

AKGのイヤホン「N5005」
[画像のクリックで拡大表示]

 現在、完全ワイヤレスイヤホンでは2万円台の製品も使っているが、有線のイヤホンで使っているのは1万円前後の製品だ。音はまずまず満足しているし、1万円なのでたとえ紛失しても1週間くよくよするぐらいで済む。このクラスの製品が自分には合っているだろうと思っていた。

これまで愛用してきた有線イヤホン。もちろんこれも十分コスパのいい製品だ
[画像のクリックで拡大表示]

 そんな思いを破壊してくれたのが、実売価格10万円前後のAKG「N5005」。オーディオの世界は上を見ればキリがないが、筆者がこれまで手にしてきたイヤホンのなかでは最高額の製品だ。

 AKGは70年以上の歴史を持つオーストリアの音響機器メーカーで、スタジオや放送局向けのマイクやヘッドホンなどで知られる。一般ユーザー向けにもヘッドホンやイヤホンを多数発売していて、家電量販店などでもおなじみのブランドだ。

        

 N5005はそのAKGのイヤホンの中でも、最上位モデルに次ぐ高級ラインの製品になる。音がいいのはもちろんだが、それ以上に面白いのが自分で音をチューニングできる機能や、ケーブルを交換してワイヤレスでも使える機能だ。その音と面白さがかなり気に入ってしまった。