テイストで答えるのが正解

 辛いものが食べたい人が「中華」と答えると、選択肢が麻婆豆腐や担々麺に限定されてしまうので、近くにそれらのおいしい店がなければ妥協することになる。要するに和食や中華と答えることで、選択肢を狭めてしまっているのである。相手が「何が食べたい?」とせっかく聞いてくれているのにそのような返答では、人生において大切な食事の楽しみで“損”してしまうかもしれない。とことんおいしい食との出会いを求めるなら、むしろテイストで答えるのが最適なのだ。

 ちなみに私が運営する「SARAH」でも、外食をテイストで探せる機能をリリースした。あなたがテイストで返答したとき相手が困っているようなら、SARAHで検索するよう勧めてみてはどうだろう(笑)。

SARAHで「辛い」を検索した結果
[画像のクリックで拡大表示]
高橋 洋太(たかはし ようた)
高橋 洋太(たかはし ようた)SARAH代表取締役CEO。大学在学中に起業、2009年よりエニグモにてBUYMA事業を担当し上場を経験。2013年飲み会マッチングアプリ「JOIN US」を運営するgram30を創業、取締役就任。2014年SARAHを設立、現在に至る。
SARAH:https://sarah30.com/