2018年1月12日に閉幕した「CES 2018」。会場は「AI」や「音声インターフェース(音声UI)」の話題で持ちきりだった。IT・家電分野のメイントピックとなりつつあるこれらの技術は、今後どのように展開するのか。日本メーカーはどう対応するのか。国内外のAV事情に詳しいライターの山本敦氏が分析する。

 日本では2017年の秋以降にグーグルとアマゾンのスマートスピーカーが発売されて、AIや音声UIへの注目が一気にヒートアップした。比較的安価なこともあって、筆者のように物珍しさに釣られて購入した方も多いはず。年末にはオンキヨーやソニーなど純オーディオ製品を展開する国内・海外のメーカーからも“音のいい”スマートスピーカーが登場した。

スマートスピーカーの本場、米国でもグーグルやアマゾンのデバイスは注目の的だ
[画像のクリックで拡大表示]

 ただ、日本では、スマートスピーカーにつながるスマート家電やスピーカー以外の音声アシスタント搭載機器がまだ少ないせいか、いまひとつ、使いこなしのイメージが見えないという人も多い。そこで筆者は、2018年1月9~12日に開催されたCES 2018で、日本よりも先にスマートスピーカーやIoTデバイスが普及して「スマートホーム」を導入する家庭が多いといわれる、米国の最新事情を見極めようと思いながら取材した。

韓国勢に水をあけられた日本メーカー

 「つながるスマート家電」を多数展開していたのは、CESの出展社の中でも数少ない総合家電メーカーであるサムスン電子とLGエレクトロニクスだ。両社の白物家電は日本にほとんど紹介されていないのでなじみが薄いかもしれないが、もともとインターネットにつないでスマホアプリで動かせる冷蔵庫や洗濯機、ロボット掃除機、キッチン家電など充実の製品群をそろえている。両社の家電は、グーグルやアマゾンの音声アシスタントを介して音声で操作できるのに加え、サムスンは「Bixby(ビグスビー)」、LGは「LG ThinQ(シンキュー)」という独自のAIプラットフォームも開発。ディープラーニングを活用し、ユーザーが便利に感じることを「先読み」して実行するスマート家電、スマートホームの開発に本腰を入れている。

サムスン電子が独自のAIプラットフォーム「Bixby」を搭載するスマート冷蔵庫を発表。スマホから操作できるだけでなく、単体でスマートホームのコントロールセンターになる
[画像のクリックで拡大表示]
LGはプレミアムクラスのスマート家電機器を中心に、スマートフォンやスマートスピーカーによるコントロールに対応する機能を充実させてきた。独自のAIプラットフォーム「ThinQ」も立ち上げた
[画像のクリックで拡大表示]
ソニーが北米で発売するスマートテレビ「ブラビア」のAndroid TV搭載機が、ソフトウエアのアップデートによりGoogleアシスタント機能を搭載した
[画像のクリックで拡大表示]

 一方、日本のブランドはどうだったかといえば、ソニーがスマートテレビ「ブラビア」の北米モデルで「Googleアシスタント」と「Alexa」に対応したこと、パナソニックが欧州で発売するUltra HD BDプレーヤーでAlexaに対応することが発表された程度。「AIに全力」を熱烈にアピールした韓国勢に大きく水をあけられたように感じた。

 日本のユーザーはもともと音声でスマート家電を操作することに消極的とも言われているが、グローバルのトレンドは必ずしもそうではない。世界で売れる商品を展開するためには、日本のメーカーもグーグル、アマゾン任せにせず、AIへの本気度をもう少しアピールしてほしい。今回のCESでは、日本でスマート家電をリードするシャープが残念ながらブースを構えていなかったが、秋のIFAや来年のCESではぜひ世界をあっと言わせてもらいたいものだ。