IT・家電の総合展示会「CES 2018」が2018年1月12日に閉幕した。今年は当初の予想通り「AI」や「音声インターフェース」、近年のCESで急速に存在感を強めてきた「コネクテッドカー(自動車)」に関連するトピックスが話題を集めた。

 今年もCESに出展したソニーは、すべてのキーワードにからむ出展内容をそろえたことも奏功し、ブース内は連日大勢の来場者でにぎわっていた。特に、平井一夫社長兼CEOの指揮の下、2014年からBtoB向けビジネスとして本格的に立ち上げた車載向けイメージセンサー事業については、会期中に進展の報告があったことから、「いよいよソニーが“未来のクルマ”に関連したビジネスに参入か」と沸き立つムードが肌で感じられた。

初日から大勢の来場者で賑わうCESのソニーブース
[画像のクリックで拡大表示]
記者会見では平井一夫社長がソニーの2018年以降に向けた製品・サービスの戦略を説明した
[画像のクリックで拡大表示]

 AIや自動運転など、来るべき未来に幅広い技術をそろえて踏み出そうとしているソニー。その“ものづくり”はどこへ向かうのか。CES 2018で披露した製品やサービス、日本のジャーナリストを集めて開催された平井社長の合同記者会見でのコメントなどから占ってみたい。

ソニーのテレビ、音声アシスタント連携や8Kはどうする

 昨年のCES 2017で、ソニーはコンシューマー向けの有機EL搭載大画面テレビを発表して注目を浴びた。今年は、現行フラグシップ「A1」シリーズの技術をのせた有機ELテレビのラインアップを広げる。米国では5月の発売に向けて、設置性を高めた4K/HDR対応有機ELブラビア「A8F」シリーズを準備中。液晶の4K/HDR対応テレビも新製品を発表した。どちらも日本での発売については「未定」としているが、どうやら有機ELや4K/HDRはこのまま軌道に乗って、この先のブラビアの進化を引っ張ることになりそうだ。

4K/HDR対応の有機ELブラビア「A8Fシリーズ」を発表
[画像のクリックで拡大表示]
米国で発売されているAndroid TV搭載の4Kブラビアは、ソフトウエアアップデートでGoogleアシスタントを搭載した。ブースでもデモンストレーションを紹介していた
[画像のクリックで拡大表示]

 一方で、今年のCESではLGやサムスン電子が自社製の音声(AI)アシスタントを2018年モデルのテレビに本格導入すると宣言して、「AIテレビ」が話題をさらった。対するソニーは、米国で発売するブラビアのAndroid TV搭載機が、ソフトウエアアップデートで「Googleアシスタント」を追加したばかり。テレビのリモコンに「OK グーグル」と話しかけ、音声でコマンドを入力すると、天気予報やニュースを画面に表示したり、照明などのIoTデバイスを遠隔操作したりできる。あるいは、アマゾンの音声アシスタント「Alexa」を搭載するスマートスピーカーにブラビア用のスキルを追加すれば、スピーカーから音声でブラビアを操作することも可能だ。

 日本で発売されているブラビアも、おそらくそう遠くない時期に、GoogleアシスタントやAlexaとの連携ができるようになるだろう。平井社長は「AIアシスタントと音声インターフェースによって実現できる機能には素晴らしいものがある」と認めている。その一方で、これらの機能はあくまで付加価値であり、これからもブラビアは「画質」をテレビの本質的な価値として追求していくと明言した。現在グーグルを中心としているパートナー戦略についても、「場合によってはいろいろな組み方を考えたい」とコメントしている。

 今年のCESのブースには、8K解像度の85型液晶ディスプレーの試作機も展示した。国内では昨年末にシャープが8Kテレビを発売したので、いよいよソニーも8Kブラビアを商品化するのかという期待があるかもしれないが、平井社長は「コンシューマーには4Kテレビがようやく浸透してきた段階なので、今のタイミングで8Kテレビを推すのは時期尚早」と発言。ブースに展示した試作機は、次世代の映像処理プロセッサー「X1 Ultimate」の可能性を示す一例を超えるものではないとくぎを刺した。

 8Kへの対応という意味では、放送用業務機器のほうが早く進みそうだ。平井社長は「コンテンツ制作側は8K時代の到来に照準を合わせながら、今から対応を進めていくべき。ソニーとしても支援していきたい」と述べている。昨年秋から受注を開始した8Kカメラシステムをはじめ、業務用の製品がこれから続々とそろうことになりそうだ。