2018年1月上旬、米国ラスベガスで世界最大級の家電見本市「CES 2018」が開催された。パソコンやスマホ、オーディオ関連機器と並び、カメラ関連の新製品もいろいろと登場した。

 特に多かったのがVR&スマホ用途で盛り上がる全天球カメラで、撮影した全天球映像をより便利に活用できる新機能を持つ製品が目を引いた。本家カメラは、2020年の東京五輪を見据えた高性能ミラーレス一眼が話題を集めていたが、重さのあるデジタル一眼の動画撮影でもブレを大幅に抑えられるジンバルの新製品にも熱い視線が注がれていた。この記事では、今年日本でも話題になりそうな注目カメラやアクセサリーを紹介したい。

フルサイズ一眼にも対応するDJIのスタビライザーがすごい

 ドローンの技術を応用したスマートフォン用スタビライザー「Osmo Mobile」で知られる中国DJIは、新たに一眼レフカメラやミラーレスカメラ向けのスタビライザー「Ronin-S」を発表した。片手持ちできるスタビライザーで、フルサイズ一眼レフを装着してブレの抑えた撮影が可能になる優れものだ。

DJIのレンズ交換式カメラ向けスタビライザー「Ronin-S」
[画像のクリックで拡大表示]
各社のレンズ交換式カメラに対応する
[画像のクリックで拡大表示]

 ジンバルは3軸で、強力なモーターの搭載により重いレンズを装着したカメラにも対応。利用できるカメラは、キヤノンのEOS 5Dシリーズ、ニコンのDシリーズ、ソニーのαシリーズ、パナソニックのLUMIX GHシリーズ、オリンパスのOM-Dシリーズなど幅広い。説明員に聞いたところ、対応する交換レンズは現在検証中とのことだが、会場では886gの重量があるソニーα用の「FE 24-70mm F2.8 GM」のような大口径ズームレンズを装着したカメラもあり、少なくとも標準ズームレンズまでであればほとんど対応できそうだ。

展示されていたミラーレス一眼には、かなり重量のある大口径の標準ズームレンズなどが装着されていた
[画像のクリックで拡大表示]

 スマホアプリ経由での操作にも対応する。発売は今年第2四半期の予定で、価格は未定とのこと。

安価で軽量、4K動画撮影対応カメラ付きスタビライザーも発見

 カメラを搭載したスタビライザーの新モデル「REMOVU K1」も出展されていた。4K/30pでの撮影に対応したカメラと3軸のスタビライザーを備え、これ1つでブレを抑えた4K動画が撮影できる。静止画の画質は12MPとのこと。

円形の4K対応カメラを搭載したスタビライザー「REMOVU K1」。側面にはマイク端子とmicroSDカードスロットを備える
[画像のクリックで拡大表示]
1.5インチの液晶モニターを搭載しており、単体での撮影も可能
[画像のクリックで拡大表示]

 もともとクラウドファンディングから生まれた製品だが市販化にこぎつけており、米国では430ドル(約4万7000円)程度で販売するという。背面に1.5インチの液晶モニターを備えながら、軽量かつ安価な点をアピールする。説明員によれば「日本でも間もなく発売する」とのことだ。