グーグルの「Googleアシスタント」、アマゾンの「Alexa」それぞれに対応した製品をいち早く出すなど、スマートスピーカーに積極的な姿勢を見せるオンキヨー&パイオニア。今度は、音声アシスタントを搭載するウエアラブルタイプのスマートスピーカーを開発している。2018年1月9~12日まで開催されたIT・家電の総合展示会「CES 2018」の会場に試作機「VC-NX01」を展示した。

オンキヨーの音声アシスタントのプラットフォーム「Onkyo AI」を搭載したウェアラブルタイプのスマートスピーカー「VC-NX01」
[画像のクリックで拡大表示]

 展示品は、イベント期間に得たフィードバックを本番の製品開発に生かすためのいわば“たたき台”であり、デザインや機能は今後がらりと変わる可能性もある。今回は本機の開発を担当するオンキヨーの宮崎武雄氏、八木真人氏に、「ウエアラブルタイプのスマートスピーカー」を誰に、どんな形で届けようとしているのか、コンセプトを深く掘り下げながら聞いてみた。

オンキヨーのAI/IoT事業戦略室 室長 宮崎武雄氏、副室長の八木真人氏にCESの会場でインタビューした
[画像のクリックで拡大表示]

わずか100g、アウトドアユースも視野に

 写真で分かる通り、VC-NX01のデザインは、今、流行のネックバンドタイプのワイヤレスイヤホンのようだ。筆者が装着した写真から大きさをイメージできるだろうか。質量は約100g。身に着けてしまうとスピーカーを肩に背負っている感覚もないぐらいに軽い。「長時間身に着けていても負担に感じないサイズ感」(八木氏)を重視したという。据え置きタイプのスマートスピーカーと同じように、音楽を聴いたり、天気予報やニュースなどの情報を音声で検索、確認するといった用途を想定しているが、ウエアラブルにしたことでアウトドアユースも視野も入れているという。

重さは約100gと軽量・コンパクトな本体にイノベーションが詰め込まれている
[画像のクリックで拡大表示]
本体を装着してみた。音声も正確に拾い上げてくれる
[画像のクリックで拡大表示]

 イヤホン/ヘッドホンではなく、スピーカーにこだわった理由については、「屋内・屋外、どちらのシーンで使う場合も周囲の音が聞けるようにしたかった」からだと八木氏は説明している。本体を肩にかけると内蔵するセンサーが検知し、以降は音声を拾うためのマイクが常時オンになる。

 今回の試作機は、モバイルネットワークに直接つなぐ機能は搭載していない。Bluetoothでペアリングしたスマートフォンの通信機能を使う仕立てだ。「屋外メインで使うなら、SIMを装着してスタンドアロンで通信できたほうが良いし、屋内がメインになるならWi-Fiや防水・防滴機能も必要。ただ、それぞれにバッテリーの容量と本体のサイズ、そして製造コストに影響を与えることなので、出展の反響などを見ながら考えたい」と宮崎氏がコメントしている。

 スピーカーとしての音質に加えて、音声に対する反応・集音の精度もオンキヨーがオーディオメーカーとしてこだわっているポイントだ。もし体に着けて、屋外でも使うことが増えるようであれば、マイクの指向性についてもさらに作り込んでいくという。