米国・ラスベガスで2018年1月9~12日まで開催されたIT・家電の総合展示会「CES 2018」で、オーディオ関連のトレンドの中心にあったのは、「完全ワイヤレス」「AI」、そして「アナログ」だ。

 完全ワイヤレスのイヤホンは、昨年から多数のメーカーが参入しているが、今年らしい切り口はスポーツ仕様が増えていること。国内ブランドでは、ソニーが完全ワイヤレスイヤホンの第2弾「WF-SP700N」を発表。IPX4の防滴対応にするとともに装着時のフィット感を高めた。サウンドのセッティングは同社の「EXTRA BASE」をベースとした重低音サウンドだ。

 同じく国内メーカーによるスポーツ志向の完全ワイヤレスイヤホンでは、JVCの「HA-ET90BT」があった。IPX5の防水に対応。また完全ワイヤレスで心配な装着性も、3ポイントで支える構造で安定性を確保した。

ソニーのスポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン「WF-SP700N」は179ドル
[画像のクリックで拡大表示]
JVCの「HA-ET90BT」は米国で3月発売。価格は149.95ドル
[画像のクリックで拡大表示]

 本格的なスポーツメーカーの製品としては、JABRAの「Elite 65t」にも注目だ。加速度センサーを搭載し、位置情報もトラッキング。IP56の防水/防汗/防塵性能を備えるなど、フィットネス志向が強い。人気の完全ワイヤレスイヤホンは、ただ音楽を聴くだけでなく、スポーツ仕様に特化した作りになっているのが今年の傾向だった。

JABRAの「Elite 65t」はスポーツ向けの多機能を搭載で170ドル前後
[画像のクリックで拡大表示]