米国・ラスベガスで2018年1月10日から開催していた「CES 2018」。家電ショーからスタートしたCESで毎年、注目されるのが薄型テレビだ。2018年のトレンドは何かというと「有機EL」「高画質回路」「AI」の3分野だった。

 1つ目の「有機EL」については、日本で製品を販売するブランドとしてソニー、パナソニック、LGが新製品を発表した。

ソニーは米国向けの有機ELテレビ「A8F」シリーズを発表
[画像のクリックで拡大表示]
2017年モデルからの変更はデザインのみ
[画像のクリックで拡大表示]

 ソニーは米国向けの有機ELテレビ「A8F」シリーズを5月から65/55型で発売。現行機種「A1」シリーズからの変更点はデザインで、直立タイプのスタンドを採用した。画面を振動させて音を出す「アコースティックサーフェス」は引き続きの搭載となる。

 パナソニックは欧州向けの4K有機ELテレビとして、「FZ950」シリーズと「FZ800」シリーズを欧州で発売。こちらは色再現性を向上させた。

 LGは「LG AI OLED TV ThinQ」の新ブランドで「W8」「G8」「E8」「C8」「B8」とデザイン別に5ラインを展開する。

パナソニックの有機ELテレビ「FZ950」シリーズ
[画像のクリックで拡大表示]
LGの有機ELは新たに「LG AI OLED TV ThinQ」にブランド名を変更
[画像のクリックで拡大表示]