ここからは驚きの連続

 ここまでも全部おいしかったのだが、ここからは驚きの連続だった。

 まず、「豚ばら」の塩。肉が厚めなので、かみ応えがあり、しかもジューシー。さらにうれしかったのは、玉ねぎが間に挟んであること。これに衣をつけて揚げたら、豚串カツではないか!

 僕は、豚串カツが大好きで、若い頃に高速道路のSA・PAで見つけると必ず食べていた。最近は豚串カツを置くSA・PAがほとんどなくなったのが本当に悲しいのである。

豚串カツから衣を除いたような豚ばら
[画像のクリックで拡大表示]

 さらなる驚きは、「なんこつ」と「たん」。どちらも塩。

 豚軟骨と言えば、骨だらけのコリコリ感を楽しむものを想像すると思うのだが、これはどこの軟骨なのだろう。骨もおいしいが肉の部分がやたらと多く、しかもうま過ぎる。他にも食べないといけないのであきらめたが、もっと欲しくなる。鳥の軟骨だと東京・人形町「焼き鳥 十五」のやげんがすごかったが、それに匹敵する豚の軟骨だ。

 たんも驚いた。こんなに味わい深い豚タンは初めてだ。さすがに牛よりは硬いのだが、肉の味わいはそれに近いものがあった。コリコリしていて臭みはなく、後味はあっさりとしている。

他で食べたことがない、なんこつとたん
[画像のクリックで拡大表示]