「希少部位」は例のやつ

 奥で焼き場を担当している金澤さん(35歳)が挨拶に来られた。焼き場歴は5年だと言う。先ほどからの焼き加減を絶賛すると、照れてはにかむ。笑顔が童顔のイケメンである。

焼き場担当の金澤さん
[画像のクリックで拡大表示]

 金澤さんが、「希少部位をお出ししたいんですけど」と言う。希少部位なら、こちらから頭を下げてでもいただきたい。「ぜひ、お願いします」と答えつつ、ついでに「ぼんじり」もお願いした。

 出てきたのは、たぶんあれだろうと思っていたハツオチ。てんでは「つなぎ」と呼ぶ。プリプリでかめばかむほど脂の甘みが染み出してくる。内臓好きにはたまらない逸品である。

希少部位の、つなぎ
[画像のクリックで拡大表示]

 ぼんじりもすごかった。普通の倍ぐらい刺してあるのもうれしいが、肉そのものが うまい。辛味噌がよく合う。

肉そのものがうまい、ぼんじり
[画像のクリックで拡大表示]