やっぱりアレを使っていた

 今までやきとりを頼まなかったことの罪滅ぼしに、僕は次々と注文することにした。まずは「ねぎま」。モモ肉である。パリパリの皮に柔らかい肉。実においしい肉だ。ネギの焦げ方もうれしい。

ネギの焦げ方もうれしい、ねぎま
[画像のクリックで拡大表示]

 続いて、「砂肝」と「はつ」。大ぶりで肉々しい。砂肝のやわらかさは特筆ものだ。黒いものが掛かっているので何かと聞くとコショウだという。肉の臭みがきれいに消えている。

大ぶりの砂肝とはつ
[画像のクリックで拡大表示]

 肉が大ぶりでうま味が濃い。さては「大山鶏」だなとと思い、聞いてみると、案の定だった。専門店(築地の鳥藤ではないらしい)から、毎朝卸してもらっているのだと言う。