専門家が「2017年のデジタル製品トレンド」を予測する、日経トレンディネットの1月特集。マイクロソフト事情に詳しく、海外の展示会を飛び回るITジャーナリスト山口健太氏は、今年2017年をどう予測するのか?

山口健太氏の予測は……
【1】日本のスマホ市場は「海外格安メーカー」が台頭
【2】Androidスマホでも新たなモバイル決済が広まる?
【3】次世代USBがスマホに本格普及

「海外格安スマホ」が日本メーカーを脅かす

 2015年には「格安SIM」「格安スマホ」という言葉が一気に広まり、昨年2016年には競争が激化。MVNO(仮想移動体通信事業者)各社が大手キャリア顔負けの施策を採り入れ、体力勝負を繰り広げている。

 格安SIMに組み合わせられるため日本市場で急速に存在感が高まっているSIMフリースマホで、最も注目したいのが中国・ファーウェイだ。2万円前後と手頃な価格の「HUAWEI P9 lite」は、いまや格安スマホの代名詞的な存在。ライカと共同開発したデュアルカメラが特徴の「HUAWEI P9」は、写真の画質にこだわるユーザーをうならせている。さらに2016年12月13日には、大画面のフラグシップ機「HUAWEI Mate 9」を日本で発表し、同16日に発売した。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
5.9型のフラグシップ機「Mate 9」。グローバルでの発表からわずか1カ月強で日本発売にこぎ着けた

 近年、ファーウェイ以外にも、「ALCATEL」や「ZTE」「モトローラ」など多数の海外ブランドが日本で製品を発売してきた。とはいえ、それらはあくまでSIMフリースマホ市場での話。大手キャリアを含めた日本のスマホ市場全体で見ると、まだまだシャープや富士通にも根強い人気があったといえる。

 だがBCNランキングの調査では、2016年に日本のスマホ市場全体でファーウェイのシェアが4位に上昇、3位のシャープに迫っているという。その上には、Xperiaを擁する2位のソニーモバイルと、iPhoneで圧倒的なシェアを誇るアップルしか残っていない状況だ。この勢いが続けば、ファーウェイをはじめとした海外メーカーが2017年、日本の格安スマホ市場をリードしていくことになりそうだ。