イヤホンジャックがない「iPhone 7」の登場によって、Bluetoothを使ったワイヤレスイヤホン・ヘッドホンが脚光を浴びている。今、選ぶならどの製品がおすすめか? オーディオ評論家の折原一也氏が、2016年冬の注目製品を4つ選んだ。

[画像のクリックで拡大表示]

 2016年9月に発売されたiPhone 7の「ヘッドホンジャック廃止」がオーディオ業界で大きな反響を呼んでいる。 iPhone 7には通常のヘッドホンジャックとLightningコネクタとを接続する「Lightning - 3.5 mmヘッドホンジャックアダプタ」が付属しているが、音質が劣化する上に日常的に持ち出すときにも不便。充電しながらイヤホンで音楽を聴けないデメリットもある。

 そんななか、iPhone 7ユーザーに後押しされる形で人気が急浮上しているのが、ワイヤレスで音楽を聴けるBluetoothイヤホン・ヘッドホン。iPhone 7時代の今、買うべき最新Bluetoothイヤホン・ヘッドホン4選をお届けしよう。

初心者でも扱いやすい5000円イヤホン

 iPhone 7のヘッドホンジャック廃止で手持ちのイヤホンが使えなくなってしまった……という人には、2016年10月に出たソフトバンクセレクションの新ブランド「GLIDiC」の「Sound Air WS-3000」(4600円前後)をおすすめしたい。

Sound Air WS-3000
[画像のクリックで拡大表示]

 スポーツ型、ネックバンド型などさまざまな形状があるBluetoothイヤホンだが、Sound Air WS-3000は15mm×51mmの超小型クリップ型のレシーバー部が付属するスタンダードなタイプ。通勤・通学のときに使うのであれば、服のえり元などに固定でき、リモコンによるボリューム操作も手元でできるこのタイプが初心者にはとっつきやすい。

 iPhoneと接続する際の最高音質コーデック「AAC」にも対応するので音質劣化も抑えられるし、iPhone側で電池残量を確認できるのも扱いやすい。実売価格が5000円以下で、今までの有線イヤホン感覚で購入できる手ごろさがいい。

クリップ型のレシーバーがあるため、操作がしやすい
[画像のクリックで拡大表示]
ソフトバンクセレクションではネックバンド型の機種「Sound Air WS-5000」(税込み7992円)も発売した
[画像のクリックで拡大表示]