日経ビジネスオンラインでは、各界のキーパーソンや人気連載陣に「シン・ゴジラ」を読み解いてもらうキャンペーン「『シン・ゴジラ』、私はこう読む」を展開しています。※この記事には映画「シン・ゴジラ」の内容に関する記述が含まれています。

 ゴジラが日本に上陸して都市を破壊するという未曾有の危機に、政府や官僚たちはどう対応するのか――。映画の中ではそれらの動きがリアルに表現されている。映画製作に際し、その再現のために制作陣が取材した人物の一人が、枝野幸男衆議院議員だ。

 「3.11」では巨大地震と大津波、原子力発電所の爆発事故という想定外の災害に際し、内閣官房長官として政府中枢の立場で対応した過去を持つ。災害時における政府の究極のリアルを知る枝野氏は、ゴジラという虚構を通した映画をどう見るのか。

(聞き手は白壁 達久)

枝野幸男(えだの・ゆきお)
1964年栃木県生まれ、52歳。87年東北大学法学部を卒業、91年弁護士登録。93年7月に日本新党から出馬して衆院初当選。96年に旧民主党(現民進党)の結成に参加。2002年、旧民主党政調会長に。2009年の政権交代後、2010年に行政刷新担当大臣を経て党の幹事長に就任。2011年に内閣官房長官に就任して、東日本大震災の対応に当たる。その後、経済産業大臣などを歴任し、2014年から党幹事長に。衆院当選8回。(インタビュー写真は村田和聡)

「シン・ゴジラ」のエンドロールに、取材協力者として枝野さんの名前がありました。インターネット上では、映画の中のゴジラは原子力発電所の暗喩だという意見も多く見られます。「3.11」の際に、内閣官房長官として有事の対応をした枝野さんの経験を求めての取材だったのでしょうか。

枝野:そのようです。取材に来られたのは2年前くらいでしょうか。脚本ができる前段階でしたので、どういった作品なのかも全く分からない状況でした。

 シン・ゴジラの監督である樋口真嗣さんの作品でリメイク版の「日本沈没」(※2006年公開)を、実際の危機管理センターとかを見る前に観ていました。その後政府に入って本物を見るわけですが、非常にあれも舞台設定のリアルさにこだわっていらした。

 その点もあったので、取材の依頼には特に違和感を感じませんでした。話したのは1時間ぐらいでしょうか。

どのような話をされたのでしょう。

枝野:3.11のとき、官房長官としてどんな動きをして、何をどのように感じたのかみたいなことだったかと。こういう場面をつくるから、ここを教えてほしいというピンポイントな話ではなかったです。

 危機管理上の問題もあり、いろいろと話せないこともあります。ただ、良いものをつくるために、話していい部分についてはしっかりと話そうと思って対応した記憶があります。

 実際と違うことが描かれて大ヒットしてしまうと、観覧者の誤解を招きかねません。それではマイナスです。逆に、良い作品になれば結果的に(海外で公開されるなどして)外貨を稼ぐことにもつながるわけですから(笑)。