佐々木:「連続性」と「スタック構造」がもたらす変化の大きさと適用範囲の広さは、イノベーションを引き起こすパワーの源になります。このことから、ブロックチェーンは「ディスラプティブ(破壊的)」技術と言われます。BCG内ではブロックチェーンについて、「電気の発明以上に破壊的なインパクトを持っている」と捉える声すらあります。ブロックチェーンの技術的なポテンシャルを理解し、どう身に付けるかは、これからのビジネスパーソンにとって極めて重要なポイントといえます。

ブロックチェーンは、ビジネスでどのような効用がありますか。

佐々木:ブロックチェーンの技術的な特徴を踏まえると、大きく3つの効用が考えられます。

 第1に「仲介者が不要」です。さまざまなビジネスの場面で、仲介者を経ることは多々あります。仲介者がいることで、ビジネスが非効率になっている場面は珍しくありません。そうした場面でブロックチェーン技術を使うと仲介者を不要にでき、ビジネスの効率性が高まります。

 第2に「認識とトレーサビリティ」です。ブロックチェーンを使うと、インターネットのような仮想世界でやり取りする(やり取りした)相手が誰かを認識できます。そして、ブロックチェーンはやり取りの履歴情報を電子的に記録しながら、そのデータをブロックとして集約し、数珠つなぎにつなげていきますので、過去にどういう取引があったのかを遡って確認できます。いわゆる、トレーサビリティに優れています。

 第3に「自動化」です。これは、いろいろな取引を第三者を介さずに信用を担保しながらオートマチックに完了できるというものです。契約を自動化できる、いわゆるスマートコントラクトです。契約や取引に要する時間を大幅に短縮できます。

 以上の「仲介者が不要」「認識とトレーサビリティ」「自動化」の3つの効用によって、これまでビジネスを進める上で非効率だったところが大幅に縮小、あるいは解消するといった可能性があります。その結果、新しいビジネスが生まれたり、逆に消失するビジネスが出てきたりするでしょう。

ブロックチェーンは万能薬にあらず

ブロックチェーンをビジネスで活用するとき、どのようなことを念頭に置く必要がありますか。

佐々木:ブロックチェーンを利用するタイプは、「パブリック型」と「プライベート型」の大きく2つに分類されます。パブリック型は、取引に誰でも自由に参加できるタイプです。仮想通貨のビットコインはここに分類されます。それに対してプライベート型は、認められた者のみが参加するタイプです。

 ブロックチェーンのポテンシャルを最大限に引き出そうとすると、パブリック型が合います。ビットコインの利用者が広範囲にわたるように、スケーラビリティを追求するのであればパブリック型が適します。ただし、パブリック型では利用者の範囲がどこまで広がっていくのかを読みにくく、エコシステムは不安定になる側面があります。さらに、参加者が大量になると、やり取りのデータをブロックに集約する際に要する電力も膨大になり、それなりのリターンがないとエコシステムを維持していくのは簡単ではありません。証券取引や証券決済といったところでの活用が検討されている半面、パブリック型を仮想通貨以外にどこまで広げていけるか、いまだ議論の余地があります。