1月29日、東京都千代田区。日比谷公園近くの歩道には何やら人だかりができていた。何かイベントでもあるのだろうか? と思って見渡すものの、そんな様子はない。ただし、全員がスマートフォンの画面をのぞきこんでいる……。

1月29日、日比谷公園近くでポケモンGOをプレーする人々

 何も知らない人の目には奇妙な光景に映ることだろう。だが、分かる人には分かる。この場所はスマートフォンゲーム「ポケモンGO」の世界で「ジム」と呼ばれるバトル拠点に設定されている。このときジムには「伝説のポケモン」と称されるレアなキャラクターが登場し、プレーヤー同士が協力して闘う「レイドバトル」が開かれていたのだ。

分かる人には分かるロングヒットの理由

日比谷公園近くに人々が集まっていた1月29日、ポケモンの世界における「日比谷公園近くのジム」では、伝説のポケモンとのバトルが開かれていた

 日比谷だけが特殊な場所、というわけではない。同様のジムは全国各地に設置され、レイドバトルが開かれるとプレーヤーたちが群がる。

 ポケモンGOがリリースされたのは2016年7月。それから1年半が経ち、「話題なのでひとまずダウンロードしてみた」層こそ遊ぶのを止めたものの、いまだに世界で6500万人が定期的にアプリを起動し、独特の世界観に魅せられている。

 なぜ「ただのゲーム」が、ここまで人々を引き寄せるのか。分かるひとには分かるが分からないひとにはなかなか分からない、ポケモンGOのロングヒットの理由とは。日経ビジネスはこのほど、同ゲームを開発・配信する米ナイアンティックのジョン・ハンケCEOにインタビュー取材をする機会を得た。

 インタビューの全文は日経ビジネスDIGITALに掲載します。詳しくは本記事末尾をご参照ください。