注目を集めた提携発表から半年。いよいよ独BMWと米インテル、イスラエルのモービルアイによる自動運転車がお目見えする。3社は米国時間1月4日、完全自動運転の試作車の公道実験を2017年後半に始めると発表した。40台の試作車を作り、欧州と米国で走らせる予定だ。

完全自動運転車の公道試験を始めると発表した独BMW。米インテルとイスラエルのモービルアイとの提携で実現する

 米ラスベガスで5日に始まった家電見本市「CES」に先駆けて、3社は早朝6時半という異例の時間帯に記者会見を開いた。BMWはクラウス・フレーリッヒ取締役が、インテルはブライアン・クルザニッチCEO(最高経営責任者)が、モービルアイはアムノン・シャシュア会長が登壇した。

 試作車のベースはBMWの「7シリーズ」。インテルのプロセッサーとモービルアイの画像処理技術を搭載する。

 3社は会見で、完全自動運転を実現するために開発したこれらの技術を「プラットフォーム」と位置付け、他社への販売を念頭に置いていることを強調した。「他社のクルマにも応用可能な構造で作っている」(クルザニッチCEO)。

 2016年7月に提携を発表した3社は、2021年までに、完全自動化を意味する「レベル5」(SAE=米自動車技術者協会=の基準)の導入を目指している。今回の試作車はドライバーが運転席に座る「レベル4(高度な自動化)」以下だとみられる。

 パソコンの付加価値の代名詞とも言われた「インテル入ってる」のウリ文句。それが、いよいよ実物のクルマになって登場し、クルマの“頭脳”の主導権を誰が握るかの戦いが始まった。CESに先立って開かれた自動車各社の記者会見でもAI(人工知能)関連の発表が群を抜いて多かった。BMWの公道試験開始の号砲で、他社のAIをめぐる動きもより激しさを増しそうだ。