[画像のクリックで拡大表示]

“推し米”を教えてくれた五ツ星お米マイスターは「屋部商店」の中島拓海氏

 「屋部商店」は昭和32年から3代続く福岡市にある老舗の米店で、現在の店主である中島拓海氏は、10年ほど前から「屋部商店」を引き継いで経営している。博多駅からはバスなどで20分ほどの住宅地のなかにある。



 前回は土鍋のご飯料理に最適な福井県産「舞いけだコシヒカリ」を“推し米”として紹介していただいた。今回、中島氏が推薦してくれたのは、ほぼ地元ともいうべき佐賀県相知産「まつら夢しずく」だ。

 中島氏の屋部商店は佐賀県の米を中心に販売している。その理由は前回も紹介した通り、屋部商店が飲食店などの法人よりも小売りの比率が高いので、食べ慣れた地元の米を好む周辺住民の要望に応えるためだ。さらに、佐賀県の米は品質が安定している点も理由のひとつという。

 では、数ある佐賀県産の米から「まつら夢しずく」が選ばれた理由はどこにあるのか――。その点を中島氏と、この米を使用している飲食店「レストラン OHANA」(福岡市南区)の牛島氏ご夫妻に聞いてみた。

屋部商店
【住所】 福岡県福岡市城南区友丘2-2-45
【営業時間】 9:00~18:00(配達は19時まで対応)
【定休日】 日曜、祝祭日
【TEL】 092-871-3397
【ホームページ】 http://kome.st/
[画像のクリックで拡大表示]