「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)は、消費者目線で今一番食べてほしいお米を選ぶ新米の味覚審査会。その最終審査会が11月21日にパレスホテル東京で開かれた。最終審査にノミネートされた9銘柄を、専門家7人が食べ比べ、「今一番食べてほしいお米」を選出。最後まで白熱した審査会を制したのは、環境に配慮した栽培方法も光る「石見高原ハーブ米きぬむすめ」だった。受賞に至るまでの審査会の様子をレポートする。

「米のヒット甲子園」の最終審査会の様子。都内のホテルで9つのノミネート米を食べ比べながら7人の審査委員が審査を行った
[画像のクリックで拡大表示]

 今年で第4回目を迎える、全国の五ツ星お米マイスターが推薦したブランド米から、得票数で上位に選出された銘柄を対象に新米の味覚審査会を行う「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)の最終審査会が11月21日に都内で行われた。最終審査会にノミネートされたブランドは以下の通り。

ブランド名 品 種 産 地
JA新砂川 特栽ゆめぴりか ゆめぴりか 北海道・空知産
青天の霹靂 青天の霹靂 青森県・田舎館産
銀河のしずく 銀河のしずく 岩手県・北上産
金色の風 金色の風 岩手県・一ノ関産
真室川特別栽培米 つや姫 つや姫 山形県・真室川産
新之助 新之助 新潟県・上越産
銀の朏(みかづき) いのちの壱 岐阜県・飛騨産
石見高原ハーブ米きぬむすめ きぬむすめ 島根県・邑智産
土佐天空の郷にこまる にこまる 高知県・本山産


 上記の9銘柄は86人の五ツ星お米マイスターが推薦した195品種の中から選出されたものであり、文字通り全国のお米のプロが「今年の食べてほしいお米」として推薦したものとなる。一般的に米のブランドの定番といえば「コシヒカリ」や「ササニシキ」「あきたこまち」といったものが思い浮かぶと思うが、現在様々な品種をもとに開発や改良が行われており、毎年のように新しい米のブランドが全国で登場している。同じ系列の米でも品種や作付けされた場所、その年の天候、栽培方法の違いで味が大きく左右される。五ツ星お米マイスターたちは、こうしたブランドごとの米の特性はもちろん、各ブランドの年ごとの発育状況や味を加味しつつ、その年を代表する米としてふさわしいものを選出している。