「米のヒット甲子園」(主催:日経トレンディ、特別協賛:象印マホービン)は、消費者目線で今一番食べてほしいお米を選ぶ新米の味覚審査会。その最終審査会が11月21日にパレスホテル東京で開かれた。最終審査にノミネートされた9銘柄を、専門家7人が食べ比べ、「今一番食べて欲しいお米」を選出。どの米が受賞してもおかしくないハイレベルな戦いを制したのは、今秋本格デビューを飾った岩手の「銀河のしずく」だった。新ブランドが受賞に至るまでの審査会の様子をレポートする。

今年からノミネート方法を変更

11月21日に開催された最終審査会の様子
[画像のクリックで拡大表示]

 普段の食事で、どれくらいお米の味を意識して食べているだろうか。

 「ふっくらしたご飯が好き」「粒を感じる硬めが好き」「べちゃっとするくらい軟らかいのが好き」など、炊き方の好みはあっても、品種や産地による味の違いまで意識している人は少ないのではなかろうか。

 一見、似たように思えるご飯だが、よく見ると品種によって粒の大きさや艶、色が異なり、当然のことながら味も違う。さらに同一品種であっても産地や栽培方法でも味に違いがあり、気候の影響を受けやすいことから年によっても味に差が出てくる。そこがお米選びの難しいところであり、面白いところでもある。

 秋の新米の季節、新しい味を求めて、いつもと違うお米にチャレンジしたいと思っている人に参考にしてほしいのが「米のヒット甲子園」。日本の米文化の発展と付加価値のある米作りに励む生産者を応援することを目的とし、2014年にスタートした。米に優劣を付け、味覚をランキングするのではなく、それぞれの米の個性を知ってもらい、米の消費者拡大に貢献するのが狙いだ。

 今年で3回目となる米のヒット甲子園。過去2回は、日本穀物検定協会が主な産地品種銘柄に対して実施する「米の食味ランキング」で最高位の特Aを獲得した米の中から審査会にノミネートする銘柄を募集していた。今回はお米の専門家である五ツ星お米マイスターに新米に関するアンケートを実施し、今年お薦めの新米の銘柄を3つずつ挙げてもらった。77人の五ツ星お米マイスターが推薦した160品種の中から、得票数で上位に選出された9銘柄が最終審査にノミネートされた。

 ちなみに、五ツ星お米マイスターとは、日本米穀小売商業組合連合会が認定する資格。全国に約400人おり、お米に関する専門職経験を持つ人のみ受験資格がある。