日本有数の米どころとして知られる秋田県。1984年に誕生した「あきたこまち」は、日本穀物検定協会が発表する米の食味ランキングで幾度も最高評価の「特A」を獲得し、秋田のみならず日本を代表する米として名をはせている。だが、秋田の米は、「あきたこまち」だけではない。2015年秋には「秋のきらめき」「つぶぞろい」の2品種がデビュー。ほかにも「ひとめぼれ」「ゆめおばこ」「めんこいな」「淡雪こまち」と、秋田米のバリエーションは豊富だ。なぜ、「あきたこまち」という強力な品種がありながら、新品種の開発に取り組んでいるのか? JA全農あきた米殻部参与・児玉徹氏に聞いた。

2015年にデビューした「つぶぞろい」の田んぼ。主に沿岸南部で栽培されている
[画像のクリックで拡大表示]

「あきたこまち」を主軸に、ニーズの多様化に対応

 「秋田のお米といえば?」と聞かれれば、ほとんどの人が「あきたこまち」と答えるだろう。実際、秋田県内で生産されるお米の80%以上を「あきたこまち」が占めている。透明感があり、ツヤも良く、香りも豊か。バランスのとれた味わいは、老若男女を問わず、多くの人に愛されている。

 「でも、そうした状況に満足していてはいけない時代です」と児玉氏は言う。

 「近年、消費者のニーズが多様化し、米のバリエーションが求められるようになりました。味の違いはもちろん、旬の時期や価格帯など、米は個性を持たなければなりません。『あきたこまち』が秋田県産米の主役であるという位置付けは今後も変わりませんが、個性的な脇役の充実を目指していく。それが秋田県の方針です」

 その秋田県の方針を、児玉氏は野球に例える。「『あきたこまち』は先発完投型の絶対的なエース。でも、今の野球では中継ぎや抑えの役割も重要でしょう。主役ではないが、いい働きをして勝利に貢献する。個性的な中継ぎピッチャーを持ったチームは強いものです」

 では、昨年デビューした「秋のきらめき」にはどんな個性があるのか。

 「『秋のきらめき』は早生の品種で、県北の標高が高い地域で栽培されています。光沢がよく、お米のきらきらした見た目から、『秋のきらめき』と命名されました。食味は『あきたこまち』と同水準。香りと粘りに優れています」

 もう一つ、昨年デビューの「つぶぞろい」はどんな特徴を持つのだろう。

 「『つぶぞろい』は『秋のきらめき』とは逆に、晩生の品種。沿岸南部の平坦な平野部を中心に栽培され、『つぶぞろい』と『秋のきらめき』の成熟期には約2週間の差があります。大きな粒と軟らかな食感が特徴です」

「つぶぞろい」は粒が大きく、軟らかい食感が特徴。農薬の使用成分回数を半分以下に抑える「あきたecoらいす」(詳しくは後述)の基準を満たしている
[画像のクリックで拡大表示]
「つぶぞろい」と同じく、2015年のデビューの「秋のきらめき」。やや強めの香りと粘りが特徴だ
[画像のクリックで拡大表示]
「秋のきらめき」の田んぼ。県北の中山間地・高冷地を中心に栽培されている
[画像のクリックで拡大表示]
筆者が自宅で「つぶぞろい」を炊いてみた。初めの口当たりはあっさりしているが、かみしめるごとに旨味が出てくる
[画像のクリックで拡大表示]