“えみりん”こと人気声優の加藤英美里さんと巡る東京ゲームショウ2016。次に向かったのは、コーエーテクモゲームスだ。ド派手な同社ブースのなかでも、特に目立っていた『仁王』をプレーすることに。

『戦国無双 ~真田丸~』など注目タイトルがそろうコーエーテクモゲームス
[画像のクリックで拡大表示]

 2017年2月9日発売予定の仁王は、PlayStation 4用のダーク戦国アクションRPG。“ダーク”というだけあって、ゲーム画面はおどろおどろしい。

 そしてコーエーテクモの“戦国”といえばあの人、シブサワコウ氏がジェネラルプロデューサーとして仁王に関わっている。さらに同社社長の鯉沼久史氏をプロデューサーに起用し、構想から約10年の歳月をかけて開発した意欲作。コーエーテクモゲームスの総力をあげ、試行錯誤の末に完成したという。

巨大な仁王がとにかく目立つ。「ブースの装飾に力を入れているゲームは、メーカーさんの推しってことですよね」えみりん、知ってるね~
[画像のクリックで拡大表示]

 難易度はかなり高く、雑魚敵もかなり強い。すいすいと進められる昨今のアクションゲームとは趣が異なる。「敵が強い!」とえみりんも困惑。アクションゲームは好きだけど、あまり得意ではないというえみりんは幾度となく“落命”する。

 試遊を終えて、「最近は誰でも楽しめるように、わりと簡単に進められるアクションゲームが多いと思うんです。でもこれは最初から難しい! 最初に出てくる敵が強くて3発くらいで死んじゃう(泣)。でも武器も多いし、やりこみ要素が満載。アクション好きな方は満足できるゲームだなと感じました」と話してくれた。

「敵が強いよ~」。何もできず笑っちゃうくらい、雑魚敵も強かった…
[画像のクリックで拡大表示]
いつになく真剣な表情のえみりん。「このゲームはまず操作に慣れることが大事」と、キーコンフィグをカスタムして試遊
[画像のクリックで拡大表示]
途中でゲットした武器を装備して強化するも、強すぎる敵を相手に“落命”を繰り返す…
[画像のクリックで拡大表示]
ほとんど進めず終了。これまでの試遊で一番苦戦していたえみりん、悔しそうです
[画像のクリックで拡大表示]