バンダイナムコエンターテインメントブースでは、9月18日(日)に『IM@S GAME SHOW 2016』と題したステージが開催され、7月28日にPlayStation 4で発売されたシリーズ最新作『アイドルマスター プラチナスターズ』とスマートフォン用ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』に登場する声優らと同シリーズの開発チーム総合プロデューサーである坂上陽三氏によるトークショウとゲームのプレーステージが行われた。

ブースの中に島のように配置されたステージの周囲は、見渡す限り同ゲームのファンで埋め尽くされた
[画像のクリックで拡大表示]

 登場したのは、如月千早役の今井麻美さん、四条貴音役の原 由実さん、渋谷 凛役の福原綾香さん、島村卯月役の大橋彩香さん、本田未央役の原 紗友里さん、そしてプロデューサーの坂上陽三氏の6人。

 ステージは、プロデューサーを除く5人の登壇者が2チームに分かれて対戦する形でゲームを紹介。シンデレラガールズ スターライトステージとプラチナスターズで対戦したあと、勝ったチームが10月13日からの配信が予定されているVR(仮想現実)ゲーム『アイドルマスター シンデレラガールズ ビューイングレボリューション』をステージ上で体験できる、という趣向だった。

 登壇者に「原」が2人いる、ということからチーム分けは「原」と「ノット原」。渋谷 凛役の福「原」綾香さんは、両チームのじゃんけん対決の結果、「ノット原」チームに。

 最初の対決はスターライトステージ。楽曲として先攻のノット原チームは「BEYOND THE STARLIGHT」、後攻の原チームは「とどけ!アイドル」を選んだ。「ボタンはチーム全員で押す」というルールのなか、息が合ったり合わなかったりしつつも両チームは「S」を取得。ノット原チームが32万3848点で、28万7370点の原チームを破り、1勝した。

『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』は1周年
[画像のクリックで拡大表示]
出演者が2チームに分かれて対戦。3人の「ノット原」チームは「BEYOND THE STARLIGHT」を選択
[画像のクリックで拡大表示]
「チーム全員でボタンを押す」というルールだったが、息が合っていてPERFECTを連発
[画像のクリックで拡大表示]
2人の「原」チームも負けずにPERFECTを狙う
[画像のクリックで拡大表示]
スターライトステージはノット原チームが勝利
スターライトステージはキャンペーンを実施中
[画像のクリックで拡大表示]
キャンペーンは盛りだくさんだ
[画像のクリックで拡大表示]
イベントの告知に合わせて「ラブレター」をステージで流した
[画像のクリックで拡大表示]

 続くアイドルマスター プラチナスターズでの対戦の前に、追加ダウンロードコンテンツ(DLC)「カタログ第3号」の告知をした。新曲「アマテラス」、新コスチューム「月読華舞和装(ツクヨミノカムワソウ)」、曲と衣装をセットにした「アマテラス一式セット」などが10月5日から配信される。

『アイドルマスター プラチナスターズ』
[画像のクリックで拡大表示]
10月5日から配信されるDLCカタログ第3号の内容を初公開
[画像のクリックで拡大表示]

 プラチナスターズでは先攻・後攻を入れ替えて原チームからプレー。3人でアクションを2つずつ担当する、という難しいプレーを要求されたノット原チームが3万2267点を取得し、2万9450点だった原チームにまたも勝利した。

今度はプラチナスターズで対決
[画像のクリックで拡大表示]
プラチナスターズもボタンを分担してプレー
[画像のクリックで拡大表示]
またも勝利したのはノット原チーム
[画像のクリックで拡大表示]
9月20日に無料ライブを開催。期間限定のキャンペーンも。
[画像のクリックで拡大表示]