際立つ個性を放つ製品・サービスが生まれる場として存在感を増している「クラウドファンディング」。クラウドファンディングは、ニッポンのものづくりをどう変えていくのか。また、支援者の支持を集めるプロジェクトの共通項とは何か。11月11日(金)12時~13時に「TREND EXPO TOKYO 2016」に登壇する注目プラットフォームの運営者が事前対談を行った。

(写真左)
サイバーエージェント・クラウドファンディング
代表取締役社長 中山亮太郎氏
慶応義塾大学卒業。2006年にサイバーエージェントに入社後、社長アシスタントやメディア事業の立ち上げを経て、2010年からはベトナムにベンチャーキャピタリストして赴任し、現地のネット系スタートアップへの投資を実行。2013年に日本に帰国後、サイバーエージェント・クラウドファンディングを設立し、代表取締役社長に就任。同年8月、クラウドファンディングサービス「Makuake(マクアケ)」をリリース

(写真右)
ソフトバンク
「+Style」事業責任者 近藤正充氏
1999年、ソフトバンクパブリッシング(現:SBクリエイティブ)入社。ヤフープレス、iモードスタイル等の媒体を担当し、2005年にiモードスタイルの編集長に就任。2006年よりソフトバンクモバイル(現:ソフトバンク)に異動し、戦略企画、宣伝・販促企画、サービス/コンテンツ企画、携帯電話/スマートフォン商品企画などを担当。2013年より約2年間シリコンバレー勤務。2015年に帰国し、現職

編集部: まず、お二人がクラウドファンディング事業を立ち上げたきっかけを教えてください。

中山亮太郎氏(以下、中山氏): 私は、2010年からサイバーエージェント子会社のベンチャーキャピタルでベトナムに赴任していたのですが、ふと気付くと、パソコンもケータイも家電も、日本メーカーの製品をなかなか使わなくなった自分がいました。私だけではなく、周りの人もほとんど使っていなかった。海外で生活するなかでの肌感覚として、「『ものづくりニッポン』と言われるけど、本当にそうなの?」と疑問を抱いたのが出発点でした。

 もちろん技術力自体や、ものづくりに従事する人の質、数も含めて日本がトップランクであることは疑いようがない。ただ、新しい価値を持った製品を生み出しづらい環境にあるのではないかと。もっと新しいモノを生み出せる土台を作れないかと考えていたなかで、海外でクラウドファンディングが立ち上がっているのは知っていたので、これを日本でやってみたいと思いました。そうして日本に帰ってきて、13年8月に立ち上げたのが、「Makuake(マクアケ)」です。

モノ系プロジェクトの他、飲食店や食品、イベント、映画をはじめとするコンテンツなど、さまざまなプロジェクトが立ち上がっている「Makuake」。今年は東芝やJVCケンウッド、博報堂などの大手企業がプロジェクトを成功させている
[画像のクリックで拡大表示]

近藤正充氏(以下、近藤氏): 私は2013年から約2年間、米国のシリコンバレーで業務しておりました。現地では、海外のクラウドファンディングサービスが多くあり、乱立している状態でした。赴任時は、自分自身で現地のクラウドファンディングを通してモノを買っていましたし、イノベーティブで便利なモノが多いことに生活者として感心していました。

 15年に日本に帰ってきたのですが、海外のクラウドファンディングサービスのような新しいモノが生まれるプラットフォーム、仕組み作りをしたいと考えて、今年満を持して「+Style」を立ち上げました。ものづくりがドライブするための仕組みとして必ずしもクラウドファンディングだけがゴールではないので、私たちはIoTに関連した新製品開発を支援するプラットフォームとして、製品の企画段階(プランニング)から出資(クラウドファンディング)、販売(ショッピング)までをカバーすることを特徴としています。

多彩なIoT製品が充実している「+Style」。スマートグラスの「SOLOS」や、自宅での本格的なパーソナルトレーニングを可能にする「Move It」など、海外発の製品もラインアップ
[画像のクリックで拡大表示]