2004年3月に「誰でも参加できる多人数協力アクションゲーム」をコンセプトに開発したハンティングアクションゲーム「モンスターハンター」。シリーズ累計3,800万本(2016年9月末時点)の販売本数を誇り、ゲーム業界においてタイトル通りのモンスターヒットを続けている。シリーズ歴代作品でプロデューサーを担当してきたのがカプコンの辻本良三氏だ。最新作の『モンスターハンター ストーリーズ』では、これまでのアクションゲームからRPG(ロールプレイングゲーム)へジャンルを変更。新たな挑戦に取り組みながらシリーズ展開を続けている。ここでは、辻本氏が考える「ヒットさせる秘訣」に迫った。

辻本良三氏
カプコン 執行役員 CS第三開発統括
『モンスターハンターポータブル 2nd G』以来、歴代作品のプロデューサーを多数担当。『モンスターハンター ストーリーズ』でもプロデューサーとしてゲーム全般の監修を行っている
[画像のクリックで拡大表示]

“だれでも参加できる”が口コミを呼ぶ

――「モンスターハンター」シリーズが、これほどまでに消費者に受け入れられた理由をどのようにお考えですか

辻本良三氏(以下、辻本): 「モンスターハンター」シリーズを開発する上で重要視してきたポイントに“誰でも参加できること”というのがあります。「モンスター」を「ハント(狩る)」するという、一見殺伐とした設定を、できるだけ「殺伐としない世界観」に仕上げたのもそのためですが、“誰でも参加できる”ゲームを広めるのに考えたのは「口コミ」の活用です。

――口コミで広げてもらうためにどのようなことを行ったのですか

辻本: 「モンスターハンター」が広く世間に知られるようになったのは、携帯ゲーム機向けのタイトルを発売してからです。そのタイミングでイベントを各地で実施しました。携帯ゲーム機向けのタイトルを使ったイベントということもあり、多くのユーザーにイベント会場へ向かう電車の中や、開場までの空き時間、帰りの電車の中などで遊んでもらえました。そこでプレーしている人たちの様子自体がプロモーションとなり、口コミにつなげることができました。今の時代、ネットとかでデジタルなコミュニケーションは取りやすくなってきたと思うのですが、逆に実際に会ってのコミュニケーションが減ってきてると思うので、色んな方が集まってアナログなコミュニケーションを取れるようなことをしたかったんです。

――それ以降継続的に同じようなイベントを行っています

辻本: 「モンスターハンターフェスタ」として開催しています。日本一のハンターを決める「狩王決定戦」も行い、我々開発者でもかなわないような上級者のプレーを大勢のファンと観戦します。日本でもやっとeSportsが普及してきましたが、自分ではとてもできないと思うような迫力あるプレーを見るのは、楽しいですよね。スポーツでも趣味でやっている人がプロの試合を見て興奮するように、ゲームの世界でも同様の楽しみがあってよいと思いますし、そういう楽しみ方をもっと推奨していきたいです。

――「モンスターハンター」が普及した理由はほかにもありますか

辻本: 色んな理由はあるとは思いますが、携帯機の展開をした時に多くのユーザーが友人・知人に「モンスターハンター」の良さをプレゼンしやすかったというのはあると思います。対戦型ではなく参加者が協力し合って遊べるので初心者も誘いやすい。私たちも「見て楽しい、遊んで楽しい」という部分は、いつも意識して開発していましたので、そのように多くのユーザーの方が他のユーザーを誘っていただけたのは、うれしかったです。また継続して遊んでもらえるよう、発売後のダウンロードコンテンツもかなりのボリュームで用意できたのも大きいかと思います。協力ゲームなので遅れて入ってきた方でもそこで手助けをしてくれる現役でプレーしている方がいるのは重要だと思っています。

――シリーズのタイトルを重ねる中で、次のヒットに向けてどのようなことを考えていますか

辻本: シリーズの新作として、作品自体をステップアップさせるのには何が必要か、ここから考え始めています。あとは、新作を作るときに皆様にどのような「ワクワク感」を提供できるかはポイントとして考えています。

――「ワクワク」とは?

辻本: 新しいタイトルを企画するときには毎回必ずテーマを持って臨みます。そこで考えるのは、ユーザーに次は「どのような仕組み」で遊んでもらうのか、ということです。これまでも新しいタイトルを出すごとに、水の中で行動できるようにしたり、平面だったアクションに高低差を導入したり、より個性のあるアクションを楽しんでいただくためにスタイルを導入したり、それまではできなかった楽しみ方の提案をしてきました。そんな「あれができたらワクワクする」要素であったり、コンセプトはとても大事にします。

[画像のクリックで拡大表示]
[新作を作る時には、ワクワク感を大事にしている」と語る、辻本氏