「Yahoo! JAPAN」をはじめとしたネットサービスと、さまざまなIoTデバイスを繋げることで便利な使い方を提案する、ヤフーのIoTプラットフォーム「myThings」。ポータルサイトで知られるヤフーが、なぜIoTへの進出を図るのか。そしてヤフーはIoTで何を実現しようとしているのか。TREND EXPO TOKYO 2016での登壇に先駆け、ヤフーの執行役員・CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)である村上臣氏に、myThingsを提供するに至った背景や狙いについて話を聞いた。

村上臣(むらかみ・しん)氏
ヤフー 執行役員・CMO(チーフ・モバイル・オフィサー)
2000年8月に企業合併に伴いヤフー株式会社に入社し、「Yahoo! モバイル」の開発に従事。ソフトバンク株式会社によるVodafone Japan買収に伴い「Yahoo! ケータイ」サービスやフィーチャーフォン端末の開発なども担当。インターネットと携帯通信事業の双方に関わりながら、近年はY! mobile事業の立ち上げ、IoTサービス「myThings」や自社のアプリ戦略の推進に注力している
[画像のクリックで拡大表示]

スマートフォンのアプリが現実世界に飛び出すIoT

――ヤフーがIoTに取り組むに至った経緯について教えてください。

村上氏: ヤフーはインターネットを通じて社会に貢献することを使命としており、インターネットが利用できる機器に向けた事業はすべてポジティブに捉えています。これまでもPCだけでなく、「iモード」や「iPhone」の登場を受けてモバイル向けのサービス提供に力を入れてきました。

 IoTも同様で、モノがインターネットに接続するのであれば、そこにヤフーのサービスが届くようにしたいという思いがあるのです。ソフトバンクグループ全体でも、ロボット、AI、そしてIoTを成長要素として盛り込んでいますから、ヤフーでもその中でできることがあれば検討していきたいと考え、形になったのが「myThings」です。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
「myThings」のiPhoneアプリの画面。右の画面のように、「トリガー」となる機器・サービスを登録し、それをきっかけに起こる「アクション」を設定する。例えば、この画面の例では、ウエアラブル機器「Jawbone UP」でカウントした1日の歩数が1万歩を超えていたら(トリガー)、Twitterにその日の歩数を投稿する(アクション)、という動作を設定している。このように、クラウドを通じてIoT機器・サービス同士を自由につなげられるのがmyThingsの最大の特徴
myThingsでトリガーやアクション先として登録できる機器・サービスは40以上もある
[画像のクリックで拡大表示]

――なぜ、IoTのプラットフォームに力を入れるのでしょうか。

村上氏: 私はこれまで、通信とインターネットサービスを行き来しながら弊社の事業に取り組んでいましたが、どちらの分野の視点から見ても「これからIoTが来る」と感じていました。IoTのデバイス1つ1つは、一見すると単純な機能を提供するものに過ぎないように見えるかもしれません。ですが実はそれらは、スマートフォンのアプリの1つ1つが現実世界に飛び出したものに近いのではないかと捉えています。天気を知る、ニュースを読むといったように、我々が普段アプリを立ち上げてチェックしているようなことが、デバイスを見るだけでチェックできるわけですから。

――スマートフォンのアプリが現実の世界に飛び出すことで、何が起きると考えていますか。

村上氏: これまでのPCやスマートフォンは、操作するために人間側に一定のスキルが求められるなど、人間がマシンに合わせていました。ですが現在はセンサー技術が非常に発達しており、IoTデバイスをさまざまな場所に設置して、温度や湿度などの多彩な情報を取得できるようになっています。そうしたセンサーの情報をディープラーンニングと組み合わせることで、機械が空気を読んで人間に合わせるようになるのではないでしょうか。