トヨタ自動車が米国に設立した、人工知能(AI)の研究所「TOYOTA RESEARCH INSTITUTE」。ここでは、AIを使った自動車の安全性向上や自動運転だけでなく、介護やロボットなど、人々の暮らしにAIを生かす方法を研究している。トヨタ自動車がなぜAIに注目したのか、近い将来どのような製品・サービスが登場するのか。同研究所設立に携わった岡島氏に聞いた。

岡島博司(おかじま・ひろし)氏
トヨタ自動車 先進技術統括部 主査 担当部長
(前TOYOTA RESEARCH INSTITUTE Chief Liaison Officer (チーフ・リアゾン・オフィサー)
1965年生まれ。1991年、名古屋工業大学大学院工学系研究科物質工学専攻博士前期課程修了、トヨタ自動車入社。材料技術部でHVモータ用磁性材料の開発、技術統括部で先端研究の戦略・マネジメントなどを担当し、現在に至る。専門は環境・エネルギー材料、磁石、蓄電池。希少資源代替プロジェクトDy低減磁石,革新型蓄電池先端科学基礎研究事業などの政策提言、国家プロジェクト立案に関わる。近年は「次世代エネルギー・社会システム実証」の企画、豊田市低炭素社会システム実証の全体取りまとめを行う。近年はAI研究戦略を策定,本年1月TOYOTA RESEARCH INSTITUTEを設立した
[画像のクリックで拡大表示]

運転を「自動化」するだけではない

――トヨタ自動車(以下、トヨタ)が、クルマの自動運転の研究を始めたのはいつからでしょう。

岡島博司氏(以下、岡島): 2008年から研究を始めています。それ以前、1990年代からも前走車との車間距離や速度を一定に保つ「レーダークルーズコントロール」、レーンをはみ出したときに警告する「レーンキーピングアシスト」、緊急時に自動でブレーキがかかる「ブレーキアシスト」といった、ドライバーを支援する機能は開発していました。

――これらの機能開発が、自動運転研究につながったということでしょうか。

岡島: 開発の発想や手法には、多くの共通点があります。基本的には「速度を一定に保ちたい」というように必要な機能を決めて、その実現を目指して技術開発を「積み上げる」ことになります。自動運転技術も、「さまざまな走行シーンに対して、ドライバーの関わる度合いを下げたい」という目標を目指して、様々な開発を積み上げてきました。

――トヨタが提唱する自動運転は、「ドライバー不要」という発想ではありませんね

岡島: 運転する楽しみや喜びは保ちつつ、自動運転技術でドライバーだけでなく、社会にどのような貢献ができるか、これが、トヨタが目指す自動運転です。「運転を自動にする」という機能を追い求めるのではなく、近年の大きなうねりである人工知能(AI)やビッグデータ、インターネットがすべてのモノやコトにつながり新しいサービスを提供するというInternet of Things(IoT)、こういった技術革新をトヨタのクルマ作りをつなげたら、どのようなことが実現できるのか。そのひとつの姿が自動運転の開発だと考えています。

トヨタ自動車は、「Mobility Teammate Concept」に基づいて新型の自動運転実験車「Highway Teammate」を開発。自動車専用道路において入口ランプウェイから出口ランプウェイまでを自動走行する