シャープが2016年5月に発売した二足歩行のモバイル型ロボット電話「ロボホン(RoBoHoN)」。立ち上がる、歩く、踊るなどのアクションに加え、通話やメール、写真撮影といったスマートフォンの機能を搭載。ユーザーはロボホンとの会話を楽しみながら、こうした機能を利用できる。ロボホンが生まれた背景や開発秘話、今後の展望を、TREND EXPO TOKYO 2016に登壇するロボホンの開発者、シャープ・景井美帆氏に聞いた。

景井美帆氏
シャープ IoT通信事業本部 コミュニケーションロボット事業推進センター 商品企画部 チームリーダー
シャープの通信システム事業本部にて、入社以来数多くの携帯電話の商品企画に携わる。現在は、モバイル型ロボット電話「ロボホン(RoBoHoN)」の開発チームのリーダーとして事業・商品企画に取り組む
[画像のクリックで拡大表示]
ロボホン(RoBoHoN)
[画像のクリックで拡大表示]

「スマホのUIは進化の限界にきている」

――まずは、景井さんがロボホンの開発に携わることになった経緯を教えてください。

景井美帆氏(以下、景井): 2013年春に、新規事業のメンバーを集める社内公募がありました。そのころ、私はスマートフォンの担当でしたが、徐々にユーザーインターフェース(UI)の進化が難しくなってきていると感じていました。スマホという形態では、できることが限られているのです。新しいUIのためには、スマホの形自体を変えることも検討していかなければいけないと思いました。そこで、新たな可能性を見出すために、新規事業のプロジェクトに応募することを決意しました。

――ロボホン開発のベースにはスマホの存在があるのですね。

景井: シャープには、長年スマホ事業で培ってきたノウハウがあります。電話をベースに開発することで、強みを生かせますからね。ロボットの部分は、ロボット開発の第一人者であるロボットクリエーターの高橋智隆さんが担当しました。共同開発というスタイルで“モバイル型ロボット電話ロボホン”は誕生したのです。

――高橋さんとシャープの役割分担は?

景井: おおまかにいうと、ロボホンのデザインや動きに関する部分は高橋さん、実際の開発や宣伝・販売など、ビジネス的な部分はシャープが担当しました。

――考え方の相違など、共同開発には難しい点があったのでは?

景井: 高橋さんのデザインに対する思いは、並々ならぬものがありました。2015年4月にロボホンのプロトタイプが完成し、量産が決まりました。しかし、そのタイミングで高橋さんは「ロボホンをもうひと回り小さくしたい。デザインをもう少しすっきりさせたい」と言うのです。その意見を受けて、改めて小型化のための研究に取り組み、デザインのブラッシュアップを図りました。

――小型化は難しいことなのでしょうか。

景井: 正直、かなり大変なことです。例えば、ロボホンに内蔵されたサーボモーターを小型化すると、すべてのデザインを変えなければなりません。腕や脚が少し長いだけで、うまく立てなくなったり、屈み姿勢をとったときに頭からころがってしまったり。全体のバランスを取るための検証には苦労しました。さらに、サーボモーターには個体差もあります。実際の動作を検証しながら、1台ずつ、きちんと動くかシミュレーションを行っていかなければなりません。

――ロボホンは見た目も相当なこだわりを感じます。

景井: デザインの作業は図面をベースに進めますが、高橋さんは現物での確認を望みました。そこで、3Dプリンターでサンプルを制作して、高橋さんは実際に手で感触を確かめながら、チェックを行います。そうした作業を繰り返し、やっとデザインが固まった最終チェックの段階で、高橋さんは「もう少し頬をふくらませて、ふっくらさせたい」と……。完成するまで、長い道のりがありました(笑)。

[画像のクリックで拡大表示]