ゆるキャラのようなかわいい見た目で、メカ好きの男性だけでなく、子どもや女性からも人気を集めるコミュニケーションロボット「BOCCO」。その開発を手がけたのは、“ロボティクスで世の中をユカイにする”をテーマに斬新な製品をつくり続けるユカイ工学だ。TREND EXPO TOKYOに登壇する同社CEOの青木俊介氏に、BOCCOが生まれた背景やこれからのロボットの役割などについて聞いた。

青木俊介氏
ユカイ工学 CEO
2001年東京大学在学中に、チームラボを設立、CTOに就任。その後、ピクシブのCTOを務めたのち、ロボティクスベンチャー「ユカイ工学」を設立。ソーシャルロボット「ココナッチ」、脳波で動く猫耳「Necomimi」、フィジカルコンピューティングキット「konashi」などIoT(モノのインターネット)デバイスの製品化を数多く手がける。2015年7月より、家族をつなぐコミュニケーションロボット「BOCCO」を発売、2015年度グッドデザイン賞を受賞
[画像のクリックで拡大表示]
BOCCO
[画像のクリックで拡大表示]

「かわいいロボットを作ってみたい」

――ロボットに興味を持ったきっかけを教えてください。

青木俊介氏(以下、青木): ずばり、中学2年生のときに観た映画『ターミネーター2』の影響ですね。映画の中でエンジニアがパソコン上でAI(人工知能)を開発するシーンがあって、そのシーンがめちゃめちゃカッコよかったんです。実はロボット好きといっても、強いロボットや戦闘型ロボットには興味がありません。ドラえもんや漫画『Dr.スランプ』に出てくるアラレちゃんのようなかわいいロボットを作ってみたいと思っていました。

――それから、どんな流れでロボット業界へ?

青木: 東京大学工学部の計数工学科で、AIについて学びました。すぐにはロボットの道には進まず、大学4年のときに同級生とともにチームラボというソフトウエアの会社を始めました。でも、やっぱりロボットを開発したかったので、会社を辞め、事業を立ち上げたのは2006年のことです。2005年の愛知万博にトヨタが開発した“バイオリンを弾くロボット”が登場するなど、人型ロボットが注目され始めたころですね。

――最初に手がけた事業は?

青木: ユカイ工学の設立当初は、国の補助金でロボットを開発しました。企画を作り、国の機関へ提出し、開発の資金をもらうというスタイル――。仕事というより、サークル活動のようなノリでしたね。最初に作ったロボットは「目玉おやじロボット」。鳥取県境港市の水木しげる記念館に向けて開発したロボットで、館内にいる目に見えない妖怪を手のひらサイズの目玉おやじロボットを使ってゲットするというシステムです。

――今年ブームになった「ポケモンGO」を思わせますね。

青木: そうなんですよ。当時はニュースで取り上げられるなど、話題を集めました。「妖怪とITがコラボ!」のような報道をされましたね。

――その後は?

青木: 2011年にユカイ工学を株式会社化しました。クライアントからの依頼を受けることが多くなりました。2014年、プロジェクト・チームneurowearより発売された「Necomimi(ネコミミ)」のプロジェクトにも携わりました。Necomimiとは、耳型のコミュニケーションツールで、頭に装着することで脳波を読み取り、その人の気分を耳の動きで表現します。集中度が高まると耳がピンと立ち、リラックスするとゆっくりと耳が下ります。

[画像のクリックで拡大表示]