Windows 10はWindows 7の機能を復活させており、OSを乗り換えた後の違和感はWindows 7から8に移行したときよりもむしろ小さくなっているはずだ。とはいえ、「画面が変わって、どこにどの機能があるか分からない」「従来の操作と違う」と不便に感じる人はいるだろう。

 そこで、今回は、Windows 10を使いやすくする方法を紹介しよう。カスタマイズのターゲットは、復活したスタートメニューとデスクトップ画面。そして、新しいブラウザー「エッジ」の使い方を押さえることだ。

スタートメニューに好きなアプリを登録

 復活したスタートメニューを開くと、Windows 7のように縦に並ぶメニューと、Windows 8から導入されたタイル型のアプリ一覧が表示される。メニューにはよく使うアプリとおすすめのアプリ、「エクスプローラー」「設定」などの項目しか表示されないので、それ以外のアプリでスタートメニューから即座にアクセスしたいものがあるときは、タイル型のアプリ一覧に登録しておくといい。

【詳しくはこちら】
第1回 スタートメニューを使いやすくする
アプリをスタートメニューに登録するには、アイコンを右クリックして「タスクバーにピン留めする」や「スタート画面にピン留めする」を選ぶ
[画像のクリックで拡大表示]
「ニュース」「天気」「メール」など、定期的に最新情報を取得したい情報は、「ライブタイル」機能をオンにすることで、スタートメニューを開いただけで最新情報が分かるようになる。タイルの大きさは4段階で変更もできる
[画像のクリックで拡大表示]
なくなったかに見える「IE」や「ペイント」も「すべてのアプリ」からタイルに登録できる
[画像のクリックで拡大表示]
Windows 7までは「コントロールパネル」に集約されていた機能は「コントロールパネル」と「設定」に分かれた。設定の呼び出し方も覚えておこう
[画像のクリックで拡大表示]


 Windows 10では、スタートメニューやアプリのサイズを変更できる。アプリの並び順などもドラッグで移動できるので、カスタマイズ性はより高まっているといえる。