2017年8月号ウィンドウズ10講座の補足説明

 2017年8月号ウィンドウズ10講座の記事中、101ページでウィンドウズアップデートの実行を一時的に(最大35日間)延期する機能について解説しましたが、この機能が利用できるのは、ウィンドウズ10プロ、同エンタープライズ、同エデュケーションの各エディションです(同ホームでは利用できません)。説明が不足していた点、お詫びして補足いたします。

(2017年7月4日)