2016年夏に、クラウドファンディングサイトで支援した落とし物発見器「Qrio Smart Tag(キュリオスマートタグ)」(3980円)が、16年11月末に筆者の手元に届いた。

 これは、ソニーと投資ファンド「WiL」のジョイントベンチャーであるQrio(キュリオ)が作った小型ガジェットで、物探しを手助けしてくれる便利アイテムだ。クラウドファンディングサイトでは2400万円以上を集めるなど、登場時から注目を集めていた。開発者の狙いについては記事「ソニーがデザインした『落し物発見器』が欲しくなった」に記している。

 だが、その使い勝手はどうなのか。実際に1カ月使ってみた感想と、そこから見えてきたメリット・デメリットをレポートする。

Qrioのスマートタグ「Qrio Smart Tag」(左)。価格は3980円(税別)。専用アプリをインストールすることで、iPhoneとAndroid端末のどちらでも利用できる
[画像のクリックで拡大表示]

カギのありかを探し出せる

 スマートタグの重要な特徴は、Bluetoothによるスマホとの連携機能。この機能を使うことで、そのスマートタグの位置を音で確認したり、スマホのGPS機能で位置情報を記録したりできる。カギやバッグなどに付けておけば、置き場所を忘れたりどこかで落としたりした場合でも、そのありかをおおまかに確認できるというわけだ。

 Qrio Smart Tagは、このスマートタグの基本機能に加えて、ボタンを押すことでスマホを鳴らしたり、スマホカメラのシャッターボタンとして利用したりできる機能などを装備。脱いだ衣服などに紛れたスマホを探すときや、自撮り写真を撮るときなどに重宝する。

 さらに、デザイン性に優れている点もQrio Smart Tagの特徴のひとつ。デザインはソニーのデザインチームが担当しており、シンプルかつポップなデザインに仕上がっている。

Qrio Smart Tagは、ブラック/ネイビー/ライムイエロー/ライトブルー/ベビーピンクの5色を用意。無骨さがないので、女性や子どもでも抵抗なく利用できるはずだ。2016年度「グッドデザイン賞」を受賞したのも納得できる
[画像のクリックで拡大表示]
背面にLEDランプを内蔵し、電池カバーを固定するクリア素材のネジがランプの穴を兼ねている。またリボン部分は、好みのリボンに変更することも可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
電池カバーのネジを取り外すために利用する簡易ドライバーを付属(左)。ただ、ドライバーがなくてもポイントカードなどで取り外し可能(右)。利便性を踏まえた、デザイン面でのユニークな工夫といえる
[画像のクリックで拡大表示]

 なお、筆者がQrio Smart Tagを手に入れた理由は「自宅で自転車のカギを探すのに便利かも」と思ったから。よく上着のポケットなどに入れっぱなしにしてしまい、次に乗るときにカギが見つからなくて困ることがあったからだ。