BTOパソコンで知られるマウスコンピューターが、スマートホーム事業に参入した。製品名は「mouseスマートホーム」。これは単一の製品ではなく、関連製品をひとくくりにして指す名称だ。その第一弾として、「ルームハブ(RH01)」「スマートプラグ(SP01)」「スマートLEDライト(LL01)」「モーションセンサー(MS01)」「ドアセンサー(DS01)」の5製品をセットにした「スターターキット」(税別直販価格2万4800円)が8月24日にリリースされた。

「mouseスマートホーム」の「スターターキット」のパッケージ内容。「ルームハブ(RH01)」「スマートプラグ(SP01)」「スマートLEDライト(LL01)」「モーションセンサー(MS01)」「ドアセンサー(DS01)」の5製品がセットになり、直販価格は2万4800円(税別)
[画像のクリックで拡大表示]

 まずはスターターキットに入っている製品を個別に見ていこう。ルームハブは、「mouseスマートホーム」の中心となる製品。スマートプラグやスマートLEDライトなどの各製品は、ルームハブとブルートゥースで接続され、専用アプリをインストールしたスマホからルームハブを介して操作される。

 なお、ルームハブはWi-Fiルーター経由でインターネットにつながっている必要がある。外出先のスマホアプリからの指示は、ネット上にある専用サーバー経由で受け取るためだ。

「ルームハブ(RH01)」。本体サイズは幅79.2×奥行き79×高さ29.3mmと小型。これに各製品がブルートゥースでつながり、専用アプリをインストールしたスマホからコントロールできるようになる。また、赤外線機能も搭載しており、テレビやエアコンなど「mouseスマートホーム」以外の製品もスマホから操作可能だという。温度と湿度のセンサーも搭載する。電源はUSBアダプターとなる
[画像のクリックで拡大表示]