この記事は「日経PC21」2017年5月号(2017年3月24日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。なお、記事中の価格はすべて税込みです。

15.6型前後が主流のスタンダードノート。大画面の約17型や、軽量で十分に持ち歩ける約14型もある。ここで取り上げた7製品はCPUに第7世代のコアiを搭載。10万円以下のお手ごろモデルから、4KなどAV機能を重視した20万円超の上級モデルまで豊富にそろう。

第7世代コアiとフルHD採用の中堅モデル

[画像のクリックで拡大表示]

フルHD液晶を搭載した15.6型。CPUは第7世代のコアi5を採用した中堅モデルとなる。登録したソフトを起動したり、目的のソフトをすぐに探せたりするワンタッチスタートボタンを搭載。キーボードは防滴構造。カラーは写真のクリスタルレッドなど3種類。