マウスコンピューターの「DAIV-NG7620S1-SH5」は、Intelの第8世代デスクトップ向けCPU「Core i7-8700」とNVIDIAのハイエンドクラスグラフィックスチップ「GeForce GTX 1080(8GB)」を搭載した最高クラスの性能を持つノートパソコンだ。前回はその概要に触れたが、今回は、使い勝手や性能を徹底的にチェックしてみる。

4K UHD対応の17.3型液晶を搭載した「DAIV-NG7620S1-SH5」。デスクトップ向けCPU「Core i7-8700」とNVIDIAのハイエンドクラスのグラフィックスチップ「GeForce GTX 1080(8GB)」を搭載するなど、ノートパソコンの常識を覆す最高のハードウエアスペックを誇る
[画像のクリックで拡大表示]
DAIV-NG7620S1-SH5の主なスペック
[画像のクリックで拡大表示]

 DAIV-NG7620S1-SH5の大きな特徴の一つは、4K UHD対応の17.3型液晶を搭載していることだ。ノングレアタイプで映り込みが少なく、非常に視認性がよいのが特徴。写真の再現性も良好で、細部の色までつぶれることなく忠実に再現される。また、4K UHD動画の再生ではその性能がいかんなく発揮され、色彩豊かな高精細動画が見事に表現される。本機の液晶ディスプレイは、写真や動画の編集作業に非常に適している。なお、視野角も広いので、複数人で画面を確認するといった作業にも向いている。

関連リンク