この記事は「日経PC21 2月号」(2017年12月発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 スマホで気になるウェブページを見つけたので、後でゆっくりパソコン上で見たい――。スマホユーザーなら誰しもそう思うことがあるだろう。パソコンで同じページを見るには「自分宛てにメールでURLを送る」「クロームのブックマークに登録する」といった方法がある。しかし、いずれも手間がかかる。

 そこで役立つのが2017年10月から配信されている「フォールクリエーターズアップデート」で搭載されたスマホ連携機能だ。スマホで閲覧していたウェブページのURLを素早くパソコンに転送して手軽に続きを見られる(図1)。しかも新たに追加された「電話」の項目から簡単に設定できるのも大きなメリットだ(図2)。

 今回はこのスマホ連携機能を詳しく紹介する。

図1 フォールクリエーターズアップデートではスマホで見ていたウェブページをパソコンと共有する新機能が加わった。共有に使うスマホアプリは多機能で、ホーム画面に設定して使う
[画像のクリックで拡大表示]
図2 スマホとの連携機能を利用するにはパソコンにスマホを登録する。これにはフォールクリエーターズアップデートで「設定」アプリに加わった「電話」を使う。スマホ側には専用のアプリをインストールする
[画像のクリックで拡大表示]