背面には、USB 3.0端子を4基、USB 2.0端子を2基、キーボードやマウスを接続するPS/2端子、LANポート、サウンド入出力端子を装備する。ちなみに、バックパネルのディスプレイ出力端子(DisplayPortとDVI-D)はCPU内蔵のグラフィックス用。グラフィックスボードを搭載する本機では基本的には使用しない

記事へ戻る(ページを閉じる)

マウスコンピューターの「NEXTGEAR-MICRO im590SA1-SP」は、Intelの新世代CPUとコストパフォーマンスの高いNVIDIAのミドルレンジGPU搭載グラフィックスボードを組み合わせることで、幅広いゲームに対応する性能を確保しながらも、直販価格で12万4800円(税別)と比較的リーズナブルな価格を実現している点が特徴だ。前回はその概要に触れたが、今回は、その性能や使い勝手を詳細にチェックしてみる。

関連画像