グラフィックス性能を実アプリで検証−ファイナルファンタジーXIV

 次に、実アプリベースでNEXTGEAR-MICRO im590SA1-SPのグラフィックス性能をチェックしていく。まずは、中量級のゲームである「ファイナルファンタジーXIV−紅蓮のリベレーター」のベンチマークを実行してみた。

 画質設定:最高品質、解像度:フルHD(1920×1080)のスコアが11683で、評価は「非常に快適」。画質設定:最高品質、解像度:4K(3840×2160)のスコアが3566で、評価は「快適」。この結果を見ると、ファイナルファンタジーXIV−紅蓮のリベレーターと同様の中量級のゲームならフルHDで快適にプレイできると考えられる。

画質設定:最高品質、解像度:フルHD(1920×1080)のスコア。評価は非常に快適。フルHDであれば、最高画質で快適にプレイできる
[画像のクリックで拡大表示]
画質設定:最高品質、解像度:4K(3840×2160)のスコア。評価は快適。4Kでもプレイ可能だ
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク