この記事は「日経PC21」2018年4月号(2018年2月24日発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 歩数や座っていた時間、移動した距離、消費カロリー、ウエストの変化など、さまざまなデータを計測できるスマートベルト「ウェルト」を紹介しよう(図1)。見た目はシンプルなデザインのベルトだが、多彩な機能を備えるユニークなベルトだ。

図1 バックルに内蔵されたセンサーにより、ウエストの変化や食事量、カロリー消費、歩数、座っていた時間、移動した距離などを記録するスマートベルト
[画像のクリックで拡大表示]

 ベルトを装着する前に、まずは自分のウエストサイズに合わせてストラップを裁断する。数字が記された切り取り線を目安にはさみでカットすればよい(図2)。ストラップをバックルに押し入れ、蓋を閉めればベルトが完成(図3)。このバックルにバッテリーや各種センサーが内蔵されている。充電はマイクロUSB経由となり、フル充電で最長30日間使用できるという(図4)。

図2 自分のウエストサイズに合わせてを裁断する。数字が記された切り取り線を目安にはさみでカットしよう。
[画像のクリックで拡大表示]
図3 バッテリーやセンサーを内蔵するバックルを取り付ける。裁断したストラップをバックルの中に押し入れ蓋を閉める
[画像のクリックで拡大表示]
図4 マイクロUSB経由での充電となり、フル充電の場合、最長で30日間使用できるという
[画像のクリックで拡大表示]

 本機にマイクロUSB以外の端子やボタンはなく、装着した時点でバックル内のセンサーが作動する。見た目は普通のベルトと変わらず、シンプルなデザインなのでどんなコーディネートにも合わせやすいだろう(図5)。