この記事は「日経PC21 1月号 特集 すごい商品&裏ワザベスト100」(2017年11月発売)から転載したものです。内容は基本的に発売日時点のものとなります。

 100円均一ショップでは近年、パソコンやスマホ関連グッズが増えている。USB充電ケーブルをはじめ、実用性が高いものが多い。

 そんななか、2017年に注目を集めたのは1台2役の“変体”グッズだ。ランキング1位のマイクロUSBケーブルは代表格で、ストラップの留め具を外すとUSBケーブルに変身する。持ち運ぶのに邪魔にならず、使うときにすぐ取り出せる利便性がウケている。

 同3位のシリコンマグネットクリップも同じく変体系。磁石と薄いスチール板が内蔵されており、折り曲げるとスマホスタンドに早変わりする。

 100円の価値を大幅に上回る商品が増えたのも最近の傾向で、同2位の磁気エラー防止シートはその1つ。スマホのケースにSuicaなどICカードを入れて改札口やレジで利用するとき、役に立つ。通常はスマホと干渉してエラーになるのが、このシートを入れておくだけで防げる。同等の商品が1000円ほどで販売されているため、かなり高コスパといえる。

 2017年はタイプC端子のUSBケーブルや、VRゴーグルといった新規格や新技術に対応した商品も登場。今後の普及が期待される。

※「ダイソー」「セリア」「キャンドゥ」は、編集部で実際に購入したショップを表記した(2017年10月時点)。店舗によっては、商品の在庫や取り扱いがない場合もある

【1位】ストラップがUSBケーブルに変身 スマホの充電やデータ転送に

 一見、普通のストラップだが、キャップを外すとマイクロUSBケーブルとして使える。鍵などを付けて持ち運び、使うときにすぐ取り出せる。スマホとパソコンに接続して充電やデータ転送が可能だ。通常のケーブルと比べて転送速度や充電時間に遜色はなかった。

[画像のクリックで拡大表示]
写真100枚の転送にかかった時間は約30秒。スマホ付属のUSBケーブルとほぼ同じだった
[画像のクリックで拡大表示]
先端のリングにキーを取り付けられる。キャップを外したときの全長は約20センチ
[画像のクリックで拡大表示]