マウスコンピュータの「LUV MACHINES iH800」シリーズは、Intelの第8世代CPUを搭載したミニタワー型デスクトップパソコン。新世代CPUの採用することで高性能を実現していることが最大の特徴だ。自作パソコンのように高い拡張性を持つので、目的に応じて都度カスタマイズもできる。長く使える高性能パソコンが欲しい人は要注目のシリーズと言える。今回は、メモリにPC4-19200 DDR4 SDRAM 8GB、ストレージに1TBのHDDを搭載したCore i7搭載モデル「LUV MACHINES iH800XN2」、Core i5搭載モデル「LUV MACHINES iH800SN」、Core i3搭載モデル「LUV MACHINES iH800BN」の3機種をピックアップ。搭載CPUによる性能の違いも含め、その使い勝手などをチェックしてみたい。

LUV MACHINES iH800シリーズは、インテルの第8世代CPUを搭載したミニタワー型デスクトップパソコン。Core i7-8700、Core i5-8400、Core i3-8100を搭載したモデルがラインアップされている
[画像のクリックで拡大表示]

 LUV MACHINES iH800シリーズには、Core i7-8700、Core i5-8400、Core i3-8100を搭載したモデルがラインナップされており、購入時にメモリー容量、ストレージ構成などを選択できる。今回試用したのは、メモリーにDDR4 PC4-19200 8GB、ストレージに1TB HDDを搭載したCPU違いの3モデル。各モデルの主な仕様は以下の表の通り。搭載CPU以外は基本的に同じだが、電源ユニットのみCore i7搭載モデルが450W、Core i5/i3搭載モデルが350Wと異なる。

[画像のクリックで拡大表示]
[画像のクリックで拡大表示]
各モデルの主なスペック
[画像のクリックで拡大表示]
関連リンク