この記事は雑誌『日経おとなのOFF』2015年10月号に掲載した記事に一部手を加えたものです。内容は基本的に雑誌掲載当時のものです。

軽井沢千住博美術館 展示風景 撮影:阿野太一 (C)軽井沢千住博美術館
[画像のクリックで拡大表示]

 国際的に活躍する現代日本画の巨匠・千住博の個人美術館。1970年代から現代に至る約100点の収蔵作品から、年に数回展示替えをしながら、画家自らが選んだ40数点が展示される。建築ユニットSANAAとしても活動する西沢立衛設計の建築も、「美術館は閉じてはならない」という画家の意向を反映。自然光が注ぐガラス張りの展示室から多彩な樹木・草花のある「カラーリーフガーデン」が眺められる。

ブラックライトの光に包まれるナイトフォール展示室
Data
住所:長野県北佐久郡軽井沢町長倉815 JR・しなの鉄道軽井沢駅、しなの鉄道中軽井沢駅からバス「塩沢交差点」下車、徒歩8分
TEL:0267・46・6565
開館時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
休館日:火曜(祝日の場合開館。7~9月は無休)、冬季(12月26日~2月末日)
料金:1200円