この記事は雑誌『日経おとなのOFF』2015年10月号に掲載した記事に一部手を加えたものです。内容は基本的に雑誌掲載当時のものです。

落ち着いた平屋造りの建物が印象的
[画像のクリックで拡大表示]

 周囲の豊かな自然に溶け込むようにして立つ、切り妻の大屋根の美術館。建築家・隈研吾が設計を手がけ、地元産八溝杉の格子が建物全体を包むように設けられている。格子の間から自然光が差し込み、時の移ろいとともに表情を変えていく様子が美しい。所蔵品は歌川広重の貴重な肉筆画、歌川国芳や小林清親らの浮世絵コレクションが中心。建物と展示品から、和の風情を存分に感じ取ろう。

Data
住所:栃木県那須郡那珂川町馬頭116-9 東武宇都宮駅、JR氏家駅からバス「馬頭役場前」下車すぐ ほか
TEL:0287・92・1199
開館時間:9時30分~17時(入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(祝日の場合翌日)、祝日の翌日(土・日曜の場合開館)、年末年始、展示替え期間 ほか
料金:企画展 500円