最新のアイテムやサービスを活用して「働き方改革」と「生活スタイル改革」を提案するSTYLE TRENDY。今回は、オフィスに縛られない柔軟なビジネススタイルを可能にするコワーキングスペースのサービス6つを紹介する。

 出先のカフェで仕事をするというスタイルはビジネスパーソンにとって今や当たり前の働き方になっている。だが、ビジネス街にあるカフェはどこも常に混雑しているし、コーヒー1杯で長居をするのも気が引ける。無料Wi-Fiの盗聴・傍受やディスプレーののぞき見などによる情報漏洩の問題もある。

 そんな心配から解放されるのがコワーキングスペースだ。数千円から数万円の月額費用を支払えば、カフェよりずっと落ち着いた空間で仕事ができる。セキュリティーの高いWi-Fiや電源、カラー複合機などの基本的設備はどこでも完備。ドリンクや会議室の利用も無料のサービスもある。

 また、多くのコワーキングスペースが利用者同士の交流を促すイベントやワークショップなどを積極的に開催している。こうしたネットワーキング活動を通じて、一人では思い付かなかったアイデアや新しいビジネスが生まれる可能性がある。

 企業の副業容認や介護・子育て支援といったトレンドもあり、今後は多くのビジネスパーソンにとって、オフィス以外の仕事場所を確保することが現実的な課題になるだろう。ここで紹介するサービスを上手に活用して、柔軟でスマートな働き方を実現しよう。

kikuo / PIXTA(ピクスタ)
[画像のクリックで拡大表示]