テレビCMや広告とは全く違う口コミの威力は、中小企業の強い味方

━━実際にクラウドファンディングを利用した企業からは、どのような声がありましたか。

越野: どの企業もおおむね喜んでくれています。そもそも、これまでの融資は企業側から持ち込むケースがほとんどでしたから、クラウドファンディングを介して自社のビジネスに興味を持ってもらえたことが「非常にうれしい」という声もありました。当金庫としても、もう一歩お客さまのビジネスに踏み込んだコミュニケーションが始まり、顧客満足度を高めることができたのは重要なポイントといえます。

 そういったなかで、私が興味深いと感じたのは、クラウドファンディングで全く支援者が集まらなかった飲食店の店主も「やってよかった」と言ってくれたことでしょう。クラウドファンディングがテストマーケティングになったことで「自分の考えを変えるきっかけになった」と感謝してもらえたのは驚きでした。

「クラウドファンディングは顧客満足度を高めることに役立つ」と越野氏、「一般消費者のリアルな声が聞けるのも魅力」と坊垣さん
[画像のクリックで拡大表示]

坊垣: クラウドファンディングでは、実際に支援を募ってみることで一般消費者のリアルな声が聞ける点も、大きな魅力だと思っています。その商品がどれだけ注目されるかなどは我々もある程度の予測を立てますが、それが常に正しいとは限りません。結局は支援者の動向がより真実を映し出すわけですから、クラウドファンディングの利用者にはそれが一番響くということでしょう。

越野: 一方で、先に紹介したジャパンテイストのような飲食店であれば、クラウドファンディングでオープン前に話題作りができたことや、多くの優良な顧客を事前に確保できたことが「大きなアドバンテージになった」と話していました。Makuakeが生み出す「情報の拡散力」は、やはり大きなメリットになっているようです。

 とくに私は、「口コミの作り出す力」がクラウドファンディングはとても強いと感じています。商品やサービスを支援したファンにとっても、クラウドファンディングは口コミをするきっかけになりやすい傾向があるのではないでしょうか。テレビCMや広告とは全く違う口コミの威力は、中小企業の強い味方となると思います。そのほかにも、クラウドファンディングを実施したことでバイヤーから問い合わせがあり、そこからB to Bに発展したという企業もありました。こういった発展が見込めるのも、Makuakeさんの情報発信力があればこそです。

坊垣: さまざまな情報の拡散によって、企業の魅力や商品が広く認知されていることは、私も大変うれしく思います。というのも、我々としてはクラウドファンディングを実行している企業やその商品が広く認知されることを重要視しているからです。

 その理由は、その結果、最終的にクラウドファンディングの市場を広げることにつながるからです。そして、ひいてはそれがMakuakeの事業を発展させてくれると信じているからです。

(構成/近藤寿成=スプール、持田智也)

坊垣 佳奈
サイバーエージェント・クラウドファンディング 取締役
氏名 1983年兵庫県姫路市生まれ。2006年同志社大学文学部心理学専攻卒。2006年にサイバーエージェント新卒入社。新入社員のときにサイバー・バズの立ち上げに携わる。2010年にマネージャー、取締役に昇格。その後、ゲーム事業子会社2社を経て2013年、サイバーエージェント・クラウドファンディング設立と同時に取締役就任。主に大型プロジェクトのコンサルティングと広報PRを兼務しながらクラウドファンディング市場の拡大、ビジネスとしての成立に挑んでいる。