2017年4月10日発売された「カップヌードル ナイス」が発売から39日で販売累計1000万食を突破した。同社ではカップ麺新商品の年間販売食数1000万食をヒットの基準としており、ナイスはその基準を39日間でクリアしたことになる。

「カップヌードル ナイス」は「濃厚! ポークしょうゆ 」「濃厚! クリーミーシーフード 」の2種類
[画像のクリックで拡大表示]

 同商品は通常のカップヌードルよりも濃厚な味わいなのに、脂質50%オフ、糖質40%オフ、低カロリー(178kcal)なのが特徴。「ヘルス&ウェルネス食品市場は約3兆円もあるのに、飲料がほとんど。加工食品で何かできれば」(日清食品マーケティング部 第1グループの渡邊豪マネージャー)という思いで始めた。

次のページから「カップヌードル ナイス」の開発プロセスを徹底分析
■【市場背景】カップ麺ユーザーの“ど真ん中”を狙う
■【商品開発】“こってり濃厚だけどヘルシー”のカギは「塩分」だった
■【コミュニケーション】“本音”を刺激する「罪悪感」という新市場